女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss
  • ブックマーク

きれい

2016年1月3日

お正月太り!? 顔のむくみを素早く解消する方法

Pocket
LINEで送る

老け顔やお正月太りを疑われる「顔のむくみ」

お正月はついつい食べすぎたり飲みすぎたりしてしまいます。喰っちゃ寝~でダラダラ過ごしていると、朝起きて鏡を見たら顔がむくんで一回り大きくなっている!というケースも少なくありません。

 

お正月休みの間に久しぶりに旧友と会えば「老けた?」と思われるだろうし、初出勤で「太った?」と言われる危険もあります。

 

「むくみ」を放置していると、いつの間にか「たるみ」に変わることも…。「ダラダラ正月」を見破られないためにも、出かける前は緊急のむくみ手当をしたいものです。そこで、今回は、簡単にできるむくみ対策を御紹介します。

 

 

むくみケアは首からがコツ! はれぼったい目元ケアもご紹介!

そもそも顔のむくみは、顔に余分な水分がたまっている状態です。そのため、滞っている水分を流すことが一番です。

 

まずは首からほぐすのがコツ! 首を右に3回、左に3回、大きく回しましょう。首を左のラインを伸ばす感じで5秒ほど右に傾けます。逆も同様に行います。そして、鎖骨の上にあるくぼみを4本の指で左右各20回程度押します。気持いいと感じる程度にほぐすのがポイントです。

 

首がほぐれたら、次は顔。あごから耳の上にかけて上へ上へ余分な水分を押し流すようなイメージでマッサージします。クリームやオイルをつけると、すべりがよくなり、お肌も傷めにくくなるのでお薦めです。今度は、耳の後ろ側から首筋にかけて下へ下へ、鎖骨の方へ流すイメージでマッサージします。これらをたった1分するだけでもかなりむくみが解消されます。

 

また、頭皮を気持いいと思う強さで軽くマッサージするのもオススメ。全体の血行がよくなってむくみが解消しやすくなります。一緒に耳もかるく揉むとよいでしょう。

 

また、はれぼったい目元のむくみは、冷たい水で絞ったタオルと、温かい蒸しタオル、2種類用意して交互に当てましょう。細胞を刺激し、血流が良くなります。また、目頭と目尻のツボを軽く2~3回ほど押すといいでしょう。

 

 

むくみ予防のための食品は?

むくみ対処法をご紹介しましたが、できれば「なるべくむくまない」ように心がけたいもの。お酒を飲んだ夜はミネラルウォーターを飲んで、酔いを冷ましてから寝るようにしましょう。また、食事やおつまみは、塩分過多に気をつけて!

 

知らぬうちに摂ってしまう塩分には、バナナ、リンゴ、キウイ、じゃがいも、さつまいも、キノコ類、ナッツ類などカリウムを含む食品を食べるといいでしょう。カリウムには利尿作用があるため、体内にある余剰水分をスムーズに排出するのを助けてくれるのです。

 

また、レモンやグレープフルーツなどの柑橘類、トマト、梅干し、お酢などに含まれるクエン酸も、代謝を促進することでむくみ対策に働いてくれます。

 

なるべくむくまないように予防しながらも、むくんでしまった時は前述の対策を試してみてください。効果には個人差があると思いますが…。みなさんが「老けた?」「太った?」と言われてしまいませんように!

 

 

Pocket
LINEで送る