女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss
  • ブックマーク

トピックス

2016年1月15日

奈良発、足も体も喜ぶ、こだわりのオーダーメイド靴

Pocket
LINEで送る

靴作りは、足だけでなく体全体の動きを見て

歩くとすぐ疲れる、足が痛くなる、腰や膝の調子も悪い…やっぱり足に合った靴を選ばなきゃいけないな、そう思っている方も多いでしょう。
奈良に工房を構え、オーダーメイドで革靴を作っているのが、「川田真左靴工房」の川田真左さん。この道9年半、ここに店を構えて4年になるとおっしゃいます。
「ずっと靴が大好きだったんです。お気に入りの靴を修理したいと思った時、靴を自分で作ることができると気づいて…。なら、自分で作りたい! それ以来、靴を作り続けています」
自分の足のサイズや形に合わせて作った靴は履き心地がよく歩きやすい。そこまでは誰もが想像つくことでしょう。しかし、これだけではダメなんだとか。
「足に合った靴であることはもちろんですが、その方の体の使い方や歩き方、日常のクセなども重要となってきます。だから、足だけではなく体全体の動きを見て、靴を作っているんです」

手の感覚に信頼と熱き思いを込めて…

一人ひとりの足を測定する際に川田さんが使うのは、手。「機械は誤差が出るので信用できないんです。やっぱり自分の手の感覚が一番。サイズのみならず、足の柔らかさや重心までわかりますからね」と川田さん。足を計り終えたら、20〜30種類の皮から好みの色や種類を選んでもらって、靴作りが始まります。「混み具合によりますが、取り掛かってから1ヶ月半くらいで仕上がります」。
「世界に一つだけの靴」という魅力はもちろん、それ以上に「足に良い靴と出会える喜び」が大きいようで、外反母趾などで靴が合わない、足首の痛みや坐骨神経痛、膝痛などを抱えているなど、足にお悩みを抱えている方が多数相談にこられるそう。シニア世代の女性も多く訪れるといいます。
「これからも困っている方を助けていきたい」—川田さんは、靴作りへの思いをこう締めくくってくださいました。靴やインソールのオーダーメイドに加え、自分でも靴やサンダル、鞄・財布などの小物を作ることができます。手作りだからこそ得られる幸せを、あなたも味わってみませんか?

川田真左靴工房川田真左靴工房

奈良市鵲町4
0742-26-7276

Pocket
LINEで送る