女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss
  • ブックマーク

特集「美魔女」

2016年1月30日

特集「美魔女2」⑫ ジェーン・バーキン 
カンフー・マスター(1987年 恋愛映画)

Pocket
LINEで送る

監督 アニエス・ヴェルダ

出演 ジェーン・バーキン/マチュー・ドミ

 

シネマ365日 No.1646

いいぞ、バーキン 

カンフー・マスター(1987年 恋愛映画)

これ、ジェーン・バーキンのプライベート・フィルムか。ヒロイン名はマリー=ジェーン、ふたりの娘を演じるのがシャルロット・ゲンズブールにルー・ドワイヨン、どっちもバーキンの娘よ。劇中、バーキン(こうなると役名も本名もあったものじゃないわ)が帰英するロンドンの実家とは、実際にバーキンの実家で、ご両親はホンモノ、兄貴のアンドリュー・バーキンまで食卓にいるではないか。解説によれば監督のアニエス・ヴェルダとバーキンがしめしあわせて作ったらしい。バーキンは脚本にも参加したが、ヴェルダがズタズタにして跡形もなくなったけど、娘のゲンズブールがしゃべるセリフだけはかろうじて残してくれた(笑)。40歳の主婦ジェーンが25歳年下の、娘の同級生ジュリアン(マチュー・ドミ)に恋して、無人島に逃避行。その背中を押すのがなんとバーキンの母。「愛は最大の神秘よ」なんていって娘と中学生を島へ行かせるのよ。おばあちゃん、すご過ぎ!▼バーキンは終始、男っぽいジャケットにTシャツとパンツ、ラフで無造作ながらシック。ショートヘアはいつもの通りボサボサです。このボサボサ髪をかきあげる仕草って、バーキンのトレードマークになりました。まーね、女性が年上の「年の差婚」に、いまは驚いておれません。古典的な例では、別れたとはいえ、デミ・ムーアとアシュトン・カッチャ―が年齢差16歳。「キック・アス」のアーロン・ジョンソンとサム・テイラー・ウッド監督の年齢差は23歳。「セックス・アンド・ザ・シティ」のキム・キャトラルとアラン・ワイズは22歳。シャロン・ストーンが、ファッションショーからお持ち帰りしたマーティン・ミカとは27歳、マドンナとへズース・ラズが29歳! 25歳くらい「なんや」っちゅうねん▼バーキンという女優はなんでこう「もののけ」のついた女が好きなのでしょう。この人がフツーの女をやった映画って、あったかしらね。「ラ・ピート」は女を愛して命がけの逃避行にでる人妻。この監督ジャック・ドワイヨンとの娘が本作に出ている4歳の娘ルー。「スキャンダル」は雇い主の息子と逃亡する家政婦、「これがわたしの肉体」は、ええ〜と、小劇場の気難しいゲイの女性監督。まだまだビックラするぞ。当時同棲相手のセルジュ・ゲンズブール(シャルロットの父、彼女は父親そっくりです)と共演した「ガラスの墓標」では、大使令嬢が殺し屋に恋して家出するのだと。華麗なる遍歴を概観したら、もういちど言おう、中学生との情事なんか「なんや」っちゅうねん! 忘れていた、ジュリアンのマチュー・ドゥミが、名前の通り、ジャック・ドゥミとヴェルダの息子。ご家族総出演ですわ▼ジェーンはぐんぐんジュリアンが好きになり、ジュリアンもジェーンが好きになる、といってもこの年の男の子の興味は、愛だ、ヘチマだ、ではなくセックスですから、無人島に行って、娘のルーが砂浜にひとり残され「ママ、ママ、どこへ行ったの」と泣き出す。もちろんママはジュリアンと。このあたりはヴェルダの想像力あふれる映像がきっちりそれと思わせて直接的な行為は一秒もいれておりません。ジェーンはジュリアンと抱き合ってキスしている現場をルシー(シャルロット・ゲンズブール)に見られるのだけど、このときのセリフがふるっている。「見たわ。ママ。不潔よ。彼と寝たの?」可哀想にルシーはもう涙ポロポロである。ママ「妬いているの? わたしがもてるから」さらに独白ときたらこうだ。「子供のためにこの日を無駄にしたくない。悪いことはしていないわ」はたして日本人ママはここまでわりきれるでしょうか▼抱き合っているふたり。ジェーン「大好きよ。あなたのためならなんでもするわ。あなたはわたしを忘れるわ」ジュリアン「そんなこと、いうなよ」「うそでもうれしいわ。あなたを失うのが怖いの」「僕も。でも、もう言わないで」マチューの棒読みのセリフは、ジュリアンにしたら、情事の別れがすでに計算済みであることをよく表している。島から帰るとジュリアンは転校させられ、ジェーンはジュリアンの母親に「法に訴える」と脅された。「彼はわたしを忘れただろうか。忘れるのは仕方ない。だが侮蔑や悪口はいわれたくない。元気な彼を心に描いたが、わたしは死んだも同然だった」。引き離されてもジュリアンはこうだ。「恋人は?」と同級生に聞かれ「いたよ。脚の長い、オッパイの貧弱なおカミさんさ。娘がふたりいた。僕に夢中だった。僕はひきずられた。色ごとなんかじゃない。若くないし、怖がっていた。結局いきつくところにいきつくさ」だとは、バーキン、こんな映画作ちまってよ、お前の趣味はマゾだったのか…などといいながら全然退屈しませんでした。年上願望が男にあるなら、年下願望は女にもあるさ(笑)。デミやマドンナやシャロンに、さきがけること四半世紀っていうところが、いいぞバーキン、よくやった。

 

 

Pocket
LINEで送る