女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss
  • ブックマーク

トピックス

2016年1月27日

正式な豆まきとは? 節分 豆まきの作法・マナー

Pocket
LINEで送る

恵方巻きもいいけど、豆まきも!

 

恵方巻きの予約受付が始まっていますね。今年の恵方は、南南東! その方角を向いて、いろんな具材を入れた巻き寿司に黙ったままかぶりつくと言う、関西発祥の風習です。最近はロールケーキなど、恵方巻きを模したスイーツも販売されていますね。年々、「丸かぶり」の全国進出が進んでいるように感じます(笑)。

 

さて、関西中心の「恵方巻き」に比べて、より一般的なのが、「節分の豆まき」。「福豆」「節分豆」などと呼ばれる炒り大豆をまくわけですが…。

 

皆さんのご家庭ではどんなルールがありますか? 家庭や地方により、豆まきの仕方はそれぞれかもしれませんが、一応、「豆まきの典型的作法」というのがあるんです。買ってきて、「鬼は外~、福は内~」と言いながら撒けばいい、というわけではありません。「我が家流」もいいですが、一度、作法を知っておくのもいいのでは? 「正式に豆まきをしてみたい!」という方はぜひご参考に!

 

 

豆の準備・撒き方

1.福豆(炒った大豆)を準備する

穀霊が宿るとされる大豆は鬼退治に適しており、芽が出ると災いが起こるとされるため必ず炒った豆を用意します。

 

2.マスまたは三方に入れて神棚に供える

神棚に供えることで神様の力が宿るとされます。神棚がないご家庭は、目線よりも高い場所(タンスの上など)に白い紙を敷いて供えます。

 

3.夜になってから豆をまく。

鬼は真夜中にやってくるため、福豆は夜にまきます。家族全員が揃ってからやるほうがいいから夜がいい、という意味合いもあるようです。

 

4.豆は家長が撒く。年男・年女・厄年の人が撒いてもいい。

家族の幸せを願うのは家族を代表する家長がふさわしいから。年男、年女、厄年の人が撒いて自分の厄を払うこともできます。もちろん、家族全員でまいてもかまいません。

 

5.豆を入れた枡は胸の高さで持つ。

撒くときも、そのまま胸の高さから!

 

 

正しい「鬼は外!福は内!」のタイミング

さて、手順やフォームを正したところで、掛け声も重要です。なんとなく「鬼は外! 福は内!」と連呼していてはダメ。家の玄関や窓を開けて「鬼は外!」と豆を撒き、鬼が戻ってこないようにすぐ戸や窓を閉めて、部屋の中に「福は内!」と言いながら撒きます。奥の部屋から玄関に向けて、順番に鬼を追い出すように進めましょう。

年の数!? 豆を食べる数は?

豆まきが終わったら、1年の厄除けを願って豆を食べます。豆の数は、もともとは満年齢+1つ(数え年)だったようですが、地方により異なります。しかし、いずれにしろ「年を取ってからいっぱい食べるのは歯が…」と思っている方もいらっしゃるのでは? 豆が食べきれない場合には、福茶を飲む方法でもいいそうですよ。

 

今年は、典型的な作法にのっとって、節分の豆まきを楽しんでみませんか?

Pocket
LINEで送る