女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss
  • ブックマーク

スイーツ

2016年3月18日

アメリカ発のアイスクリームブランド「BEN&JERRY’S」が今春、関西にも!

Pocket
LINEで送る

フェアトレードのクリーミーなアイスにチャンクがゴロゴロ!

 

1978年にアメリカ・バーモント州で創業した「BEN&JERRY’S(ベン&ジェリーズ)」がついに、2016年3月、関西にも上陸が決定しました!

 

「BEN&JERRY’S」と言えば、クリーミーなアイスクリームにチャンクと呼ばれる大きな具(ナッツやチョコ)が特徴。日本でも2012年に表参道ヒルズにスクープショップ1号店(旗艦店)をオープンし、たちまち話題になりました。2014年からは関東エリアの高級食料品店やスーパーマーケットなどで、ミニカップアイスクリームの販売を開始し、その名を広く知らしめています。

 

 

このたび関西に上陸するアイテムも、そのミニカップアイスクリーム! 関西上陸フレーバーは、チェリーガルシア・チョコレート ファッジ ブラウニー・チャンキーモンキー・コーヒーブラスト・クッキーカーニバル・バニラを含む合計10種類の予定。

 

うわ~、想像しただけで美味しそう♪ 順番に制覇したくなりますね。3月中旬より、関西の一部スーパーで販売をスタートし、順次拡大される予定です。

 

世界中にファンがいるナチュラルアイス

アメリカのフェアトレード組織“Trans Fair”のフェアトレード商品認定マーク

「BEN&JERRY’S」は、創業当時より「ビジネスを通じて社会に貢献すること」をモットーにアイスクリーム作りをしてきました。現在、関東中心に約1500店舗以上で販売しているミニカップアイスクリームは日本初の「国際フェアトレード認証」を受けており、今回関西に上陸するアイテムは、ご家庭でも楽しめるミニカップアイスクリームです。

 

また、BEN&JERRY’Sのアイスクリームは、人工着色料・香料・甘味料不使用、生産者から適正な価格で購入する「フェアトレード原材料」を使用、rBGH(遺伝子組換え成長ホルモン剤)に反対し乳原料に牛乳の生産量を増やす人工ホルモン剤不使用、さらには、酪農家の方々との協同プロジェクトの運営で持続可能な酪農を実現、LGBTコミュニティーのサポートなど、ビジネスを通じて社会的活動も実施しています。

 

そんな、製品にも社会にも真っ向から向き合う「BEN&JERRY’S」のアイスクリームを、ぜひ試してみませんか?

 

Pocket
LINEで送る