女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss
  • ブックマーク

2016年2月24日

共働き主婦の家事時間を短縮する家とは?
イシンホームが働くお母さんに贈る家「TWINS」

Pocket
LINEで送る

6割が口コミのお客様!
業界の常識にとらわれず、新しい提案を打ち出す「イシンホーム」。

 

お客様の6割が口コミによる紹介という、絶大な信頼を得る住宅会社「イシンホーム」。中でも、共働き主婦の家事をラクにしたいとの気持ちから提案された、働くお母さんに贈る家「TWINS」は、主婦ならおおいに気になるところ。早速、イシンホーム大阪 家づくりパートナーの北田杏奈さんにお話をお聞きしました。

 

伺ったのは、四条畷展示場。空間をうまく使った、洒落たデザインのモデルハウスで主婦目線の間取りが特徴的です。

 

働くお母さんが笑顔になるように

「家事の中でも、主婦が苦手に感じるのが、洗濯・アイロンがけ。洗うだけなら洗濯機がしてくれますが、問題は干したり、アイロンかけをして畳んだり、片付けたり。これにずいぶんな時間を取られていることが多いのです。1階で洗ったものを、2階まで運んで干したり、乾いたら取り込んで、また1階に持ってきて、アイロンをかけたり、畳んだり。それをそれぞれの部屋へ運んだりと、何回行ったり来たりするのかってくらいです。1カ所で、全て済めば、20分かかるものが、5分で終わります。だからイシンホームでは、洗面所のスペースを広くとり、洗濯をしてその場で干せて、アイロンをかけて畳んでそこに収納できるようにしました。換気システムが優れているので、室内でもカラッと乾くのです。家事は全て1階に集めて、キッチンから洗面、お風呂は10歩以内にすれば、料理をしながら、他のこともできます。」と北田さん。

 

確かにとても効率的な間取りだし、何よりオシャレで、生活も楽しめそう。

「家族の幸せのために家を建てるのだから、今の生活より向上しなければ意味がありません。だから、働くお母さんが笑顔になるように考えているのです。」 とも話してくれました。

 

提案時に希望の生活に必要なものは全て見積もりに含めているので、後で追加が出ない!

 

また、マネージャーの瀬山彰さんも

「イシンホームはCMもチラシもしないので、お客様からのご紹介を大事にして、30年やってきました。紹介率は60%にもなります。だから、家を売るためにはどうすればではなく、売った後の住みやすさを第一に考えています。従来なら、家が建ってもカーテンがない、照明がないで、すぐには住めなかった。それは、カーテンや照明をつけると見積もりがバーンと上がってしまうから、売るためには見積もりを低く抑えなければならないから、絶対に必要なそれらを見積もりに入れていないのです。見積もりが安いからと、安易に決めてしまうと、追加料金、オプション料金で、予算オーバーという事にもなってしまうのです。イシンホームは、見積もり高い、とお客様によく言われますが、よく見ていただけば、建ったその日から住める家で、追加料金などは一切かからないので、結局お得なのです。床下の気密性を高くして、無垢の床材を使用して、床暖房なしでも暖かく暮らせるようにしたり、メンテナンスに費用がかからない工夫もしています。住んでから余計なお金がかからないように、考えているのです。」と、話します。

 

なるほど、お見積もりの安さには魅力を感じますが、結局安いというのはそれなりの内容という事なのですね。

 

 

住めば住むほど好きになる家

 

「イシンの社員は皆会社に惚れ込んでいます。だからプライドを持ってお客様にオススメしています。自分が建てるならイシンホームでと思っています。職人さんも、建築中はお客さまに随時ラインで、状況を説明しているほど責任を持って施工しています。だから、お客さまからも住めば住むほど家が好きになったという、嬉しいお声も頂いています。」と、北田さん。

 

その言葉に、 良い家をつくろうという、意欲と自信を感じました。

 

 

Pocket
LINEで送る