女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss
  • ブックマーク

コラム

2016年4月15日

手紙の書き方・例文【番外編】 地震などの災害見舞い状・災害見舞いの手紙・メール

Pocket
LINEで送る

地震などの災害時のお見舞い状

地震・津波・豪雨・洪水・台風・火災などの災害が起きた時に、被災された方に対し、お見舞いに伺う代わりに送るのが、災害お見舞い状です。

募金や支援物資に添えて手紙を送ったりもします。被災直後だけでなく、少し経ってから「その後いかがですか」という形で送るのもいいでしょう。

 

 

ただし、災害お見舞いの手紙では、“ 忌み言葉 ”を使用しないようにしましょう。災害見舞いに関しては、「また」「再び」「重ねる」「追って」「なお」「かえすがえす」「またまた」「浮かばれない」「迷う」などの言葉が「忌み言葉」とされています。手紙はもちろん、メールでも気を付けるようにしましょう。

 

今回は、知人が地震にあったことを想定して、文例をご紹介します。

 

災害直後のお伺いは、短く簡潔に

災害直後はすぐに連絡を取りたいと、メールを利用される方も多いと思います。状況が状況なだけに必要な内容を簡潔に。短めの文例なので、手紙でもメールでもご参考にしていただけるでしょう。

 

では、文例です。

 

 

○○さんがお住まいの地域で大地震が発生し、大きな被害が出ているとニュースで知りました。○○さんやご家族のみなさまはご無事でしょうか。大変心配しています。落ち着いてからでも、そちらの状況をご連絡いただければと思っています。

取り急ぎお見舞い申し上げます。

被害が把握できてからのお見舞い状も

混乱しているであろう直後の連絡を控えて、数日経ってから様子を伺うのもいいでしょう。お見舞いの金品に添える場合に使える文例です。お見舞いの品は、被害状況を確認し、当座に必要な生活用品や費用の一端となるお金を贈るといいでしょう。金品を贈らない場合は、下記例文の最後の2文を削った状態を参考にしてください。

 

では例文です。

 

 

先日の地震ではΟΟさんのお住まいの地域でもかなりの被害が出たようですが、○○さんやご家族の皆様は大丈夫でしたか。大変な事態にご苦労も多いでしょうが、どうかご無理などなさいませんように…。一日も早く平穏な生活に戻られることを心からお祈りいたします。遠方のため私どもには何もできませんので、心ばかりのお見舞いをお送りします。何かにお役立ていただければと思います。

 

 

相手の気持ちと状況を思いやってかける言葉はきっと被災された方の励みになるでしょう。

Pocket
LINEで送る