女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss
  • ブックマーク

イベントガイド

2016年5月7日

5月7日公開の映画「ヒーローマニア -生活-」
主演の東出昌大さん、監督の豊島圭介さんがあべのキューズモールでトークイベント

Pocket
LINEで送る

ファン2000人が、雨の中熱狂

 

5月7日、午後5時過ぎ。あべのキューズモール、スカイコートに集まった人々の歓声に迎えられて登場したのは、映画「ヒーローマニア-生活-」に主演する俳優、東出昌大さんと監督の豊島圭介さん。

 

この日は、あいにくの雨模様。しかし雨を物ともせず詰め掛けたファンは総勢2,000人。現れた東出さんの一挙一動に歓声が上がった。

 

 

この映画は、人気漫画家、腹満しげゆき氏の代表作「生活【完全版】」を、『ソフトボーイ』『花宵道中』といった独特の世界観を構築し、幅広いファンを獲得する豊島圭介監督が、実写映画化。主役のヘタレでダメダメなフリーター中津を東出さんが演じた。

 

その他、謎の身体能力を持ち相棒として共に戦う「土志田」を窪田正孝が、情報収集能力に長けた女子高生「カオリ」を小松菜奈、“若者殴り魔”の異名を持つ「日下」を名優片岡鶴太郎が演じ、これまでにない楽しいエンターテインメント映画となっている。

 

ヘタレの走りを披露し、大テレ

 

豊島監督によれば、普段から「天然」の東出さん。質問してくるから一生懸命に答えているのに、答えているときには興味なくなっていたり、アラーム音が聞こえて、誰?誰?と必死に聞き回って結局自分だったりと、意外な天然ぶりを暴露。

 

 

東出さんだけではなく、窪田さんや、小松さんもいつもと違うイメージの役を演じてもらい、意外な面白さを引き出せたという。その流れで、東出さんが映画で演じた、ヘタレな走り方を披露。その散々な情けない走り方に、会場の爆笑を誘っていた。

 

後半は、映画の応援に関西のご当地ヒーロー、イヌナキン、地球戦士ゼロス、忍ジャガー、フドウリキが登場。全員でのフォトセッションを行った。最後に5月7日公開の本作について、東出さんより「笑いに来るつもりで観に来て、ゲラゲラ笑って帰ってください。」とのコメントで、イベントは終了した。

 

とにかく「イイオトコ」東出昌大さんのヘタレぶりに期待の映画だ。

 

 

Pocket
LINEで送る