女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss
  • ブックマーク

企業

2016年5月18日

家族の形が変わったら自分で間取り変更! 
近鉄不動産オリジナルマンションシステム「マドルノ」

Pocket
LINEで送る

ライフステージで変わる、家族の有り方、暮らし方

 

夫婦に赤ちゃんが産まれると、生活は育児中心に。子どもたちが成長すれば、親とは別の空間がほしくなり、さらに成長すれば一人一人の部屋を欲しがります。最終的に、子どもたちは独立。そうなるともう子供部屋は不要となります。そしてまた夫婦二人だけの生活に…。

 

家族の形、ライフスタイルは時間の経過とともに変化していくのです。これまで集合住宅の基本モデルは限定された世帯(核家族)を対象としてきましたが、実際には、必要な空間や使い勝手の良さはその時々で変わります。しかし、家の間取りはそう簡単には変えられない。思い切って住み替えるのか、我慢して住み続けるのか。今まではその2択しかありませんでした。

 

可動収納と置き畳でライフステージに対応した間取りに

そんな中、近鉄不動産株式会社では、変化していくライフステージに対応した可変対応のオリジナルマンションシステム「マドルノ」を開発しました。「可動収納」と「置き畳」の2アイテムを組み合わせて、時とともに変わりゆく家族の暮らし方に合わせた間取りを自分たちの手で変えることができるというものです。

 

各部屋の寸法に合わせたオーダーメイド仕様の可動収納はキャスター付きで移動もラクラク、スムーズに壁にフィットするフィラー(壁と可動収納の隙間を埋める部材)もメーカーと共同で開発しました。子どもが遊べるキッズコーナー、来客時のおもてなし空間、リラックス空間として、「置き畳」で手軽に和空間も作れます。まさに、「今」快適に、そして「ずっと」快適に住み続けられる住まいを自身で作り続けることができるというわけです。

 

1つの間取りに対し、

①子どもが生まれた頃

②子どもが小学生低学年頃

③子どもが小学生高学年~大学生頃

④子供が独立・夫婦二人になった頃、という4つのライフステージに合わせたモデルプランが用意されており、家族構成や住まい方にしなやかに対応できます。

 

奈良市に誕生する「ローレルスクエア学研奈良登美ヶ丘V」にも採用!

この「マドルノ」に対応した住戸第一弾として、2017年7月に竣工予定の「ローレルスクエア学研奈良登美ヶ丘V(奈良県奈良市)」の一部に採用されます。近鉄けいはんな線「学研奈良登美ヶ丘」駅徒歩6分の好立地も魅力ですが、「マドルノ」採用とあればますます注目度があがることでしょう。なお、第2弾として「(仮称)摂津市千里丘新町プロジェクト(大阪府摂津市)」への採用も予定されています。

 

ずっと快適に住み続けるためにも、今後は、間取りの可変性が重要ポイントになるでしょう。

 

 

Pocket
LINEで送る