女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss
  • ブックマーク

特集「美しい虚無-妄想映画の魅力」

2016年5月24日

特集「美しい虚無=妄想映画の魅力3」① 
マーサ、あるいはマーシー・メイ(2011年 社会派映画)

Pocket
LINEで送る

監督 ショーン・ダーキン

出演 エリザベス・オルセン/サラ・ポールソン/ジョン・ホークス

 

シネマ365日 No.1761

やさしさという支配 

特集「美しい虚無=妄想映画の魅力3」

マーサ(エリザベス・オルセン)はさびしかったのでしょうね。恋人にだまされたらしいけど。心の弱みにつけこんだ怪しげなカルト集団が現れ、教祖パトリック(ジョン・ホークス)は「君はぼくの宝物だ」とか「つらい思いをした君にはいたわられる資格がある」とか、まさに甘露のようなやさしさでくるむ。マーサは2年間カルト集団で暮らし、結局脱走します。なぜか。そらそうだわね。教祖様の儀式とは早い話強姦だし、朝から晩まで集団行動でしばられ、ちょっと畑仕事の手を止めると「作業に集中して」。食事は夕食だけ、それもまあ、みるからに不味そうなワンディッシュの盛り切り飯。でも先輩女子は「今まで食べ過ぎだったのよ。馴れてちょうだい」。衣類は共有、サイズの合うものを選ぶ。教祖は焚き火を囲んでギターの弾き語りなんかするが、病気の猫を射殺しろと命令し「おれにはできない」といったメンバーを「じゃ、お前を殺す」。お前こそ死ね、と悟るのになんで2年もかかるのよ。若い男女何十人かの集団は男子部屋、女子部屋に分かれていて、作業がないときは集団でセックス。生まれた子供は共有で育てるが男の子ばかりで女の子はいない。教祖を頂点とする典型的父権集団だから、女の子は殺しちゃうのでしょう。ああ、おぞましい。彼らの正体ときたら、強盗に乱交、ついには他人の家に無断で入って、それをとがめた家人を殺すのよ。教祖様の教義は「死は恐れられるゆえに美しい。恐れは人を目覚めさせる」これを戯言(たわごと)といわずして何という▼マーシー・メイとは教祖様がつけたマーサの呼び名である。マーサは脱出後ただひとりの肉親である姉ルーシー(サラ・ポールソン)に電話する。2年間音信不通だった妹からの電話。ただならぬ気配。「どこにいるの、マーサ。会いたいの、顔がみたいのよ、どこか教えて!」いいお姉さんだわ。3時間も車を飛ばして迎えにくるのよ。姉の夫がテッドだ。姉夫婦は休暇で湖畔の別荘にいる。テッドがこれまたいい旦那で、いやがりもせずマーサを受け入れる。マーサは姉に「恋人にだまされ棄てられた」としか言わない。姉は傷ついている妹を母親のように扱う。そのうちマーサの行動が奇妙になる。湖にいくとスッポンポンで泳ぐ。姉夫婦がセックスしているときに黙って寝室に入ってくる。テッドが「仕事を探さないとね」と言うと「わたしは教師でリーダーだった。助言は必要ない」とはねつけ、「あなたはサクセスを物とお金で判断している。模範的な生き方じゃない」テッドはさすがに切れてしまう。「模範的な生き方ってなんだ。2年間音信不通で心配かけ、手ぶらで転がり込んで食べさせたもらうことか。僕の稼ぎで君は食べている。口を慎め」。マーサはひとりごとで「あいつらがいる、逃げなきゃ」という。ルーシーは「いったい何があったの、教えて、でないとあなたのことがわからない」懇願するがマーサは沈黙。テッドは「もうこれ以上同居は無理だ。専門医に診せよう」。ルーシーも子供を望んでいる、でも妹がいると育児するのが不安だ。そんな姉の心境を察したのか、マーサはいきなり「ルーシー、あなたひどい母親になるよ!」と叩きつける▼姉夫婦がマーサを車にのせ病院に向かう日。マーサは泳ぎにいくという。寒いわよ、と姉は止めるが気にするふうもない。湖に入ったマーサは岸に男がいるのを見る。ぼんやりとしか映らないが、それがパトリックか、カルト集団のだれか、はたまたマーサの幻覚か、観客には判断がつかない。ラストは車で病院に向かう姉夫婦とマーサだ。運転するテッドは突然現れた男にあわててハンドルを切る。その男は木陰においていた車にのり、マーサたちのあとをおいかけるようについてくる。「やつら」はマーサを取り返しにきたのか、マーサが描く妄想か。不意に映画は終わる。マインド・コントロールされたマーサが、姉のもとで安全な環境に入ってもなお、刷り込まれてきた日々の断片が蘇り心を支配していく。姉は理由がわかりませんから、妹の様子や行動がまさかカルトに洗脳された結果だと気がつかない。孤独で不安な人間にやさしさと安心を与え、集団に貢献する役割を実行させる、目に見えないプログラミングが2年間静かに進められていた。自分が「のっとられる」自覚もないうちのっとられている。ショーン・ダーキン監督は33歳の若手です。マインド・コントロールから覚める途上では、たぶんこんな状況が起こるのかもしれませんが、つまり夢と現実のどちらに自分がいるのかわからなくなるような状況のことですが、それを監督はスピーディに切り替わるショットの連続で鋭く見せています。かなりいい線をいくのでは。

 

Pocket
LINEで送る