女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss
  • ブックマーク

イベントガイド

2016年5月27日

1日でわかる「キレる子」指導&人間力アップ
アンガーマネジメントキッズインストラクター養成講座

Pocket
LINEで送る

「怒れる子ども達」を変える!
アンガーマネジメント

 

ちょっと叱っただけでくじけたり、爆発する。かといって優しく接すると、騒いで授業にならない。厳しく指導したいけど、体罰やハラスメントと言われる。
…学校や幼稚園の先生、クラブや教室の指導者、そして親の皆さん。子どもに接して、そんな悩みはありませんか?

 

すぐにイライラ、爆発する子ども…どう指導すればいいの?

あなたは知っていますか?

今、世界的に注目されている「アンガーマネジメント」。怒り「アンガー」を上手にコントロール「マネージメント」する、怒りの感情と上手に付き合うための心理教育です。

 

アメリカで1970年代に始まり、今では政治・スポーツと様々な分野で導入、小学校の授業に取り入れる州もあるほど!
メンタルの強化、コミュニケーションスキルのアップ、よりよい生き方のためにと重視されている教育なのです。

 

日本ではまだまだ認知が少なく、セラピーや自己啓発と混同されがち。
最近になってやっと、日本でも企業や教育機関が重要性を認め、積極的に導入を進めています。
この「アンガーマネージメント」に着目しているのは民間だけじゃありません。文科省も「暴力行為のない学校づくり」の一貫として注目しています。

 

怒りをコントロール、人材教育に引っ張りだこ!

きらめき労働オフィス 代表・角井 孝次さん

それほど期待されているアンガーマネジメントって、どんなことをするのか…興味がわきませんか?
国内でもまだ数少ないアンガーマネジメントのエキスパート、きらめき労働オフィス代表・社会保険労務士の角井さんに伺いました。

「難しい内容じゃないんです。なぜ自分は怒るのか、何を許せないのか…自分で分類し、自分を見つめる技術やノウハウを身に着けます。すると何かあった時にも、怒りをコントロールできるようになるんです」。

 

このアンガーマネージメント、今や企業の人材教育に引っ張りだこだそうですが、大人だけではなく子どもにもニーズが高まっています。

 

勉強では育たないコミュニケーション力や社会性

そもそも子どもの方がニュートラルな頭を持っているもの。なにをどう教えるかで、子どもの思考や感覚は大きく変わります。
しっかりと指導すれば、成長後のコミュニケーション力や社会性を育むことにもつながり、生き方さえも左右できるはず。

 

おりしも詰め込み教育の弊害が指摘されている今。「我が子はのびのびと育てたい」「自由な発想を育みたい」と、ほとんどの親が勉強だけでは育たない「人間力」を望んでいるはず。
子ども達へのアンガーマネジメント教育は、そんな人間力を育むノウハウの一つでもあるのです。

 

資格取得で子ども達の指導に

アンガーマネジメントを子ども達に指導するには、認定資格が必要です。
その資格とは「アンガーマネジメントキッズインストラクター」。
実はあなたも取得できるのです。

 

1日で取得できるよう設定された講座が、「アンガーマネジメントキッズインストラクター養成講座」!
アンガーマネジメントの基礎、子供(5歳~10歳)のためのワークの進め方、教え方を学べます。
受講すれば日本アンガーマネジメント協会から資格認定、各方面で子ども達の指導に生かせます。

 

今や学校や塾、スポーツクラブなどの子ども達の指導に、そして子育てサークルや保育関係者にも必要が高まっているアンガーマネジメント。
自分の子育てにもとても役に立つはず。

 

興味のある方は、一度問い合わせてみませんか?

 

Pocket
LINEで送る