女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss
  • ブックマーク

特集「最高の悪役」

2016年6月5日

特集「最高の悪役」⑤ ジョン・トラボルタ 
クリミナル・ミッション(2016年 犯罪映画)

Pocket
LINEで送る

監督 ジャッキー・アール・ヘイリー

出演 ジョン・トラボルタ/ダン・スティーブンス/ジャッキー・アール・ヘイリー

 

シネマ365日 No.1773

遊び心 

特集「最高の悪役」

ジョン・トラボルタの悪役らしい悪役だけに限れば、もっと他にいいのがあるわ。「パルプ・フィクション」でも「フェイス/オフ」でもね。でもトラが還暦を過ぎて、相も変わらず、ニコニコ笑いながらワルをやってる、この映画の遊び心が好きなのよ。監督がジャッキー・アール・ヘイリーね。浮き沈みの激しい映画界で、彼は鳴かず飛ばずの時代がしばらく。にもかかわらず「エルム街の悪夢」(2010)の主役でカムバックした苦労人よ。話があっちこっちになるのにできるだけ注意しながら、思いついたところから書いていきますね。監督が俳優としても出演しています。役はマフィアのボス、エディ(ジョン・トラボルタ)の用心棒。このふたりのセリフ、みなアドリブだったのでは、と思うくらい、おかしいほど息が合っているわ▼ジャッキー用心棒は敵の一味の部屋を襲撃する。二階の窓から飛び降りた男を見ながら「身の軽いやつだ」ジャッキーはつぶやき追おうともしない。ベッドの影に男の子が身を寄せ震え上がっている。ジャッキーは「お前は大事な人生の局面にいる。立ち直るチャンスだ。あのドアから出て行き、学校に戻って勉強するのだ。<ライ麦畑でつかまえて>を読み、無事卒業する。学校をサボってみろ、お前の家に行くぞ」全然ギャングらしからぬギャングはトラも同じだ。馴染みの娼婦が顔にあざを作っていた。トラが「どうした」ときく。女は「転んだのよ」と答える。トラは黙っている。「あたし、ドジだからさ」顔を背けて逃げるように去る、女を見送ったトラは車修理工の男を訪ね、車の下に潜り込んでいた男を引きずり出し、ボコボコにして「今度彼女を殴ったらこれじゃすまないぞ」言いながら札を数枚ばらまき、「花を買って帰り、彼女に謝れ」そう言い残して引き上げる。ジャッキー用心棒とその相棒は、影が形に沿うごとく、トラに従い声も発せず動きます▼同窓生4人が友だちの葬儀で久しぶりに顔を合わせ、元いじめられっ子ノア(ダン・スティーブンス)が、耳寄りなインサイダー取引があると持ち出す。20万ドルの出資をノアが引き受ける。この金はエディから借りた。株価の暴落で株券は紙くずとなり、借金40万ドルが残った。20万ドルのはずが手数料と利子がついて40万ドルだそうだ。エディは条件を出す。姪が反対勢力のギャングのボスに誘拐された。姪を救い出せ。マルケスというボスの甥がいるからこいつを誘拐し、姪と交換する。姪を無事救出したら40万ドルはチャラにしてやる。断ったら殺す。お前たちに選択肢はない。4人は決死の覚悟でマルケスを誘拐する。彼がトイレに入ったところを4人がかりで襲うが、マルケスは手強くて散々抵抗され、便器の蓋でぶん殴って倒れたところを抑え込み、ビニールの袋をかぶせて車のトランクに押し込んだ。マルケスにエディ・ガテキが扮しています。ケニア系アメリカ人で37歳。「トワイライト」などでおなじみかもしれませんが、彼がシャープで傲慢なボスの甥で精彩を放っています。人質になった彼に見張りの一人が訊く。「ギャング稼業以外の人生もあったと考えるときはないか」。マルケスは質問から目をそらさず、静かに「考えない日はない」こんなときのガテキの知的な表情ってしびれますよ。彼だけが悲劇の似合う顔ですね、役もそうなっています。4人の新米誘拐犯はマルケスを縛り上げたのはいいが、お互いを本名で呼んだり、しげしげと捕虜と口をきいて情報を漏らしたり、ドジばかり踏んであげく、マルケスが「腹が減った」と言えばノアがアイスクリームを買いに走り、匙ですくってマルケスに食べさせるパシリぶり▼この辺から、どうもこの映画はおかしい、とだれでも思うに違いないでしょうが、例えばトラの登場シーン。カルバンクラインのスーツでバシっときめたトラの背中。小柄で痩せて冴えないジャッキーおじさんが、その実「只者でない」雰囲気を醸している用心棒ぶり。そしてヘタレの見本みたいに現れたダン・スティーブンス。ケンブリッジ大学で英文学を専攻。「ザ・ゲスト」で注目され「誘拐の掟」でリーアム・ニーソン、「靴職人と魔法のミシン」でダスティン・ホフマン、「ナイト・ミュージアム/エジプト王の秘密」ではベン・スティラーと、ベテランと共演、本作でも最後にあっと言わせるどんでん返しの大事な役を担います。でもね、この映画の抑えはやっぱりトラだわ。学校の先生みたいなジャッキーおじさんや、トラの人情家ぶりが、じつはひとつも不思議じゃなかった、そんなケツの締め方が心憎いです。

 

Pocket
LINEで送る