女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss
  • ブックマーク

トピックス

2016年6月8日

すぐ使える、父の日に贈るメッセージ・一言・文例。 由来・プレゼント選びも! 

Pocket
LINEで送る

父の日の由来。やっぱり「母の日」ありきだった…
母の日はカーネーション。父の日は?

6月第三日曜日は、父の日。母の日に比べて存在感が薄く、「いつだっけ?」という状態の方も多いのではないでしょうか。「父の日」は、アメリカのワシントン州に住むジョン・ブルース・ドット婦人ら6人の兄弟を、他界した母親に代わって父親が男手一つで育てあげたことから、「母の日」があるなら父に感謝する日も必要だと提唱したものです。

 

母の日にはカーネーションが定番ですが、父の日の場合、日本では、黄色いバラを贈ります。黄色はイギリスでは身を守る色だと言われていました。黄色には、「希望」「向上心」「うれしい」「楽しさ」という意味もあります。ただし、「黄色いバラ」となると花言葉には「嫉妬」「薄れゆく愛」という意味もあるため、花言葉を気にする人は、黄色い他の花や、「子の愛」の意味を持つユリなどもお薦めです。「白いバラ」は亡くなった父親に贈るものとされている点にも注意しましょう。

 

父の日にあげたいプレゼント、選び方のコツは?

しかし、男性はあまりお花に興味のない方も少なくありません。黄色いバラ以外に、父の日に贈ると喜ばれる商品は何でしょう。母親へのプレゼント以上に悩むところではないでしょうか。

 

キーワードは「普段使うもの」! サラリーマンならネクタイや靴下、定年後なら趣味で使うものなどいいかもしれません。晩酌が好きならお酒とおつまみのセットやグラス、毎朝ウォーキングをしているなら歩数計やスニーカーなどもいかがでしょう。

 

とにかく、「お父さんの趣味って何だっけ?」「休日、どう過ごしてるだろう?」と思い浮かべてみるのです。日々の生活の中に、喜ばれるプレゼントのヒントが隠されているものです。生活の中で使ってもらえるものだと、贈ったほうも嬉しいですしね。離れて暮らしていて父親の生活スタイルがわからないと言う方は、お母さんにこっそり尋ねてみるのもいいかもしれません。「愛用していた帽子が古くなってきた」「サンダルがボロくなってきた」など妻ならではの目線から、貴重な情報が得られるかもしれませんよ。

 

また、小さいお子さんからなら、似顔絵もオススメ。成長にともない絵が進化していく様子は、親にとってとても貴重な記録にもなります。ぜひお父さんの似顔絵を描いてあげてください。

 

父の日、メッセージカードに添える一言は?
使える例文、文例集

そして、プレゼントに添えたいのが、メッセージカード。「お父さんありがとう」だけでも喜ばれるとは思いますが、ぜひもう一言何か添えたいものです。

 

働き盛りのお父さんに対しては

・いつもお仕事、ご苦労様です。体には気をつけてね。

・たまにはゆっくり休んでね。いつかまた一緒に釣りに行きましょう。

など、日々の労働をねぎらう言葉を添えましょう。例文では「釣り」としましたが、仕事以外に楽しみを作るきっかけを与えてあげるのもいいと思います。それが、子どもと一緒なら余計に嬉しいものです。

 

離れて暮らすお父さんには

・体、無理していませんか? 夏休みには子供たちを連れて帰ります。

・社会人になって、お父さんのすごさや大変さがわかるようになりました。感謝しています。

など、体を気遣ったり、顔を合わせては恥ずかしくて言えない感謝の気持ちをしっかり伝えましょう。

 

また、

・今度一緒に飲みに行きましょう! オレ、おごります(笑)。

・心配かけてばかりでゴメン。元気で長生きしてください。

親子ならではの親しさがにじむメッセージもいいと思います。

 

 

とにもかくにも、「お父さんに伝えたい気持ち」を自分の言葉で表すのが一番! カードで足りないなら、手紙にしたためるのもいいでしょう。父の日に向けて、プレゼントと一緒に素直な言葉のご準備もお忘れなく!

 

Pocket
LINEで送る