女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss
  • ブックマーク

特集「B級映画に愛をこめて」

2016年7月16日

特集「B級映画に愛をこめて3」⑤ 
V [ヴィジター] (2009年 SF映画)

Pocket
LINEで送る

監督 デビッド・バレット他

出演 エリザベス・ミッチェル/モリーナ・バッカマン

 

シネマ365日 No.1817

愛と共感というやつがヤバイらしい 

特集「B級映画に愛をこめて3」

「V」とはヴィジター(訪問者)、ヴィクティム(犠牲者)、ヴィクトリー(勝利)を意味しますが、いずれにおいてもエイリアン(映画ではトカゲ人間と呼ばれる)の地球侵略を守る、人類軍との戦いという構図は変わりません。2シーズン制作され、視聴率の低下を理由に打ち切られたのですが、物語が佳境にはいってきたときだったのに残念。で、話は途中でちょん切れてしまったから、粗筋をおいかけても仕方ないので、おもしろかった切り口にだけ絞って書きます。ヒロインは女性ふたり。FBI捜査官エバンス(エリザベス・ミッチェル)と、ヴィジターの司令官アナ(モリーナ・バッカリン)です▼エバンスは離婚歴のあるシングルマザー。息子は18歳。両親の離婚は自分が起こした交通事故のせいだと信じ、いつまでたっても親離れできずグズグズと、父親を訪ね「ぼくのせいでゴメンね」などと言う。童顔で丸顔、お腹の回りに柔らかな肉がつき、母親がFBI捜査官とは、似ても似つかぬ風体である。こいつ他にすることないのかよ、と思うほど両親の離婚に悩んでいる。ある日マンハッタンの上空に巨大なUFOが現れ、ハイテクスクリーンに、司令官アナの顔が映し出される。美人である。わたしたちは水と資源を補給しに地球に立ち寄った、充填したら出発する、その間一宿一飯の礼ではないが、いささかお役に立つことをしたい、医療技術では人類にできない治療法も宇宙では開発されているので、ぜひ役立ててほしい、と礼儀正しく呼びかけ、母船のなかの医療センターで治療を受けたガンや難病の患者はたちどころに健康になり、ヴィジターの株は一気に上る。しかしあれは侵略だ、じつはヴィジターは何十年も前から地球に先遣隊を派遣して一般市民に混入させ、情報を集めていた、自分の家族は正体不明のトカゲ人間に襲われ殺されたのだという目撃証言が現れ、第五部隊というレジスタンスが組織され、ヴィジターに対する抵抗は高まる▼エバンスの息子タイラーがあろうことか、アナの娘リサに恋しちゃう。ヴィジターに感情はない。アナの目的は人類とヴィジターのハイブリッドによって種を保存させることである。地球人をヴィジター人にして、地球をのっとてしまおうってことね。軒を貸して母屋を取られるとはこのことだわ。ヴィジターに感情がないから恋愛とか感謝とか、共感とかは意味不明。しかしどうやら人類が「愛と共感」で結束するとヤバイ、ということがアナにわかってくる。「愛と共感の源を探し破壊せよ」と指示したら「魂というものだそうです」と報告があった。彼女の戦略は人類に貢献し、役立ち、なくてはならない機能を発揮し、全幅の信頼を得た後、一網打尽に殺戮するというのだ。ヴィジター国ではアナの方針は絶対で、すこしでも指示にためらうと、背中の皮膚の内側にしまった長い、先の尖った尻尾で刺し殺してしまう▼残酷無比な司令官の弱点は、「魂」がなにかわからないから破壊の決め手がないことだ。しかしエバンスが指揮する第五部隊の潜入によって、自分が兵士として育てるはずの「卵」が全滅させられた、そのときこみあがってきた激しいものにアナは初めて我を忘れ逆上する。それが「怒り、嘆き、悲しみという感情です」と腹心が教える。アナはたちまち「感情をコントロールすることによって人類を支配する」新手を思いつく。転んでもタダでは起きません。エバンスがヴィジターを疑うようになったのは、息子が自分と夫の間の子供ではないと医者にいわれたからだ。そんな馬鹿な、夫以外とセックスしていないのにありえない…でも夫はてっきりエバンスの浮気だと信じて離婚に至った。以来エバンスは、検査データになにか秘密があるにちがいないと感づき、ヴィジターを追跡する途中で、普通ではありえない遺伝子の構造が息子にあることがわかる▼しかしリサに夢中のタイラーは、自分たち母子がヴィジターの実験に利用されていた、という事実を受け入れない。ここまでアタマの悪い息子に設定するのはどうかと思うほどものわかりが悪い。エバンスはFBI内部のヴィジター軍のスパイや味方の寝返りでさんざん苦労するが、「いうことをきかないやつは殺す」と、戦うトップに変身、母船にいる息子の身にどんなシッペ返しをこうむろうと、ヴィジター殲滅を誓う。味方のなかでエバンスがひとり心を許すのが傭兵のカイル。彼はかねがねエバンスの八方美人的な折衷案に、内心(ケッ)とバカにしていたが、腹をくくった彼女に「ついていくぜ」とたのもしく表明する。第五部隊にも犠牲は続いた。創設以来の仲間がつぎつぎ戦死、エバンスの夫も息子も死ぬ。カイルは行方不明。勝利はアナに微笑むのか。ここで製作打ち切りになったのよ。正体不明の「魂」に首をひねる宇宙人がおもしろかったわ。魂で結合すると人類は最強になるらしい、彼らを破滅させるのは「魂」を破壊すればよい、どこにあるか探してこい、徹底的に解剖してみろ、なんてね。アナのキャラってけっこうユニークでしたよ。

 

Pocket
LINEで送る