女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss
  • ブックマーク

トピックス

2016年8月6日

嫁姑問題に朗報⁉ 帰省時の手土産、姑舅のホンネとは?

Pocket
LINEで送る

みんなは何を持っていっているの?
本当に喜んでもらえているの?

お盆にご主人のご実家に帰省するという方も多いでしょう。そんな時、気を遣うのが「手土産」。配偶者の実家に帰省する際、手土産を持参する人は90.7%に達するようです。しかし、一体何を持っていけば喜ばれるのか、いくらくらいの金額のものを選べば失礼にならないのか、頭を悩ませるところではないでしょうか。

 

たかが手土産、されど手土産。姑舅との関係を円満に保つためにも、相手の希望を知っておくことが対策につながります。直接何がほしいか確認するのが一番ですが、「そんな気を使わないで」と言われてしまうのがオチ。というわけで、嫁婿と姑舅の両面から帰省の手土産の実態を調査・分析した、株式会社ぐるなびが運営する秘書のためのサポートサイト「こちら秘書室」のレポートをご紹介しましょう。

 

調査概要

■調査日:2016年7月1 日~4日  ■調査方法:インターネット調査

■調査対象: 20代以上の男女

【嫁婿】既婚/本人が配偶者の実家に帰省することがある/配偶者の実家への帰省時、手土産を持っていくことがある

【姑舅】非同居&既婚の子あり/子どもが夫婦で帰省することがある/帰省する子どもと配偶者が手土産を持ってくることがある

■サンプル数: 嫁婿 1,000サンプル 姑舅 640サンプル

 

お姑さんは、あなたが思う以上に手土産を喜んでくれていた!

■あなたが配偶者の実家へ持っていく手土産について、配偶者の実家ではどのように感じていると思いますか(複数回答、 n=1,000、対象:嫁婿)、帰省してきたお子さまとその配偶者からの手土産について、総合的にどう感じていますか。(複数回答、 n=640、対象:姑舅)

 

持参した手土産について「とても喜んでくれていると思う」と感じている嫁婿は35%に留まったのに対し、実際に受け取った姑舅は70%が「とても嬉しい」と回答。姑舅別では、姑のほうが「とても嬉しい」と感じている割合が7.9ポイント高く、逆に「あまり嬉しくない」との回答は、舅のほうが0.7ポイント高いことがわかりました。

 

また、手土産代の金額に関して、嫁婿が配偶者の実家への手土産として実際に使っている金額は平均2,633円、姑舅が手土産の価格として妥当と考えている金額は平均2,373円と、実際の金額が妥当金額を260円上回りました。

 

「シニアだから和菓子が無難」は安易すぎ⁉
お姑さん、お舅さんが「ケーキ好き」だと判明!

 

配偶者の実家への手土産は「和菓子」が定番という方も多いのでは? でも、実はもらったら嬉しいと思っているのは、洋菓子! 姑・舅とも「ケーキ」が1位にランクインしています。姑の2位はマドレーヌやフィナンシェなど「その他焼き菓子」、3位は「まんじゅう」、一方舅の2位は「日本酒」、3位は「肉・加工品」となっています。

 

姑舅が気遣ってもらえたら嬉しいと感じているのは、洋菓子・和菓子などの「ジャンル」、「購入場所がかぎられている」「地域の名産品」「季節にあったもの」「添える言葉」などが挙がっています。ランキングを参考にしながら、地域や季節などの「限定感」を加味するのものを、一言添えて渡すといいかもしれませんね。

 

Pocket
LINEで送る