女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss
  • ブックマーク

イベントガイド

2016年8月13日

来年3月末で閉鎖。9/10(土)・11(日)、奈良少年刑務所で矯正展、開催

Pocket
LINEで送る

五大監獄の一つ、保存を求める声多数。
明治時代の貴重な建築を観光施設に…。

建物の老朽化のため、来年3月末で閉鎖が決まった、奈良市の奈良少年刑務所。1908年に「奈良監獄」として完成し、明治政府が全国に建設した「五大監獄」で唯一現存してきました。重厚なれんが造りで、屋根をドーム状にした表門や庁舎から5棟が放射状に広がる受刑者収容の舎房など特徴的な建物は、今後、重要文化財に指定される可能性もあるほど貴重です。地元の住民団体や日本建築学会などから、歴史的・文化的な価値があるとして、保存を求める声が上がっており、ホテルや博物館など観光施設として保存、活用することが検討されています。

 

そんな注目を浴びる奈良少年刑務所を、施設見学できるチャンスです。

待望の「奈良矯正展」を開催。
「安くて上質」で人気の刑務所作業製品を展示販売、施設見学も。

9月10日(土)・11日(日)、奈良少年刑務所で「奈良矯正展」が開かれます。施設見学はもちろんのこと、「CAPIC」として評判の刑務所作業製品も展示即売。「安くて品質が良い」とあって販売会のたびに多くの人が集まるCAPIC製品を、この2日間は現地で購入できるのです。奈良少年刑務所がなくなると手に入らない商品も多数あるかもしれません。そう思うと、この場所に来ることも、ここで商品を購入することも、貴重な機会だと言えるでしょう。受刑者の書・絵画などの文芸作品展なども開催。矯正行政に理解を深める一日となりそうです。

 

この歴史的、文化的価値のある空間で残り少ない奈良少年刑務所の時間を心に刻む…そんな一日を過ごしてみるのもいいのではないでしょうか。

奈良矯正展

日時:9月10日(土) 9:30~16:00、11日(日) 9:30~14:00

場所:奈良少年刑務所(奈良市般若寺町18)

アクセス:近鉄・JR奈良駅から奈良交通バス般若寺バス停徒歩約5分

Tel:0742(22)4961

Pocket
LINEで送る