女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss
  • ブックマーク

トピックス

2016年9月1日

リオ五輪400mリレーに思う 明確な目標とチーム力の重要性

Pocket
LINEで送る

ウーマンライフ新聞社 9月代表挨拶

 

史上最多のメダル数を獲得したリオ五輪の日本選手団。中でも一番驚いたのが陸上男子400メートルリレーでした。100メートルを9秒台で走れる選手が一人もいないのに、9秒台が当たり前のジャマイカやアメリカと競り合い初の銀メダルを獲得したことです。

 

金メダルのジャマイカにあと一歩と迫る日本チームの走りは世界に衝撃を与えたと思います。世界第2位になれたその秘密は日本独自のバトンパスのテクニックにあると言われています。陸上の専門家ではないので詳しい解説はできませんが、アンダーハンドパスという方法でバトンを受ける側が腕を振る動きの中でバトンを受けるためスムーズに加速できるという無駄やロスのないバトン技術がチームの力を世界第2位に押し上げたのです。

 

レース後の選手のインタビューやニュースを見ているとクローズアップされているバトンパスの技術以外にも銀メダルの要因が浮かんできました。それは4人がメダルを狙うという目標を明確し、そのために緻密な準備をし、最後は自分と仲間を信じて走るというチームワークが結果を大きく左右したということです。

 

私達の普段の仕事も決して一人では完結できません。社員が共通の目標を持ち、しっかりと準備をして、一人ひとりが職場の戦友を信じて全力で走る。そのバトンをどうつないでいけるかが重要です。バトンのつなぎ方ひとつで結果や顧客の評価は大きく変わります。スタープレイヤーや属人的なノウハウに頼るだけではなく、チームとして組織としての成功モデルを一つずつ増やしていくことが私達の顧客と私達自身の収益の拡大につながるはずです。400メートルリレーでの日本人の活躍を見て改めてチーム力の大切さを感じました。

 

2016.9.1

Pocket
LINEで送る