女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss
  • ブックマーク

エンタメ

2016年7月7日

占い宝珠 橋本恵香の遺言 第12回「妊娠可能期間を知る」

Pocket
LINEで送る

占い宝珠 橋本恵香先生

驚異の的中率を誇る「バロ」は、複雑化した現代社会に対応する、分単位の易学です。この鑑定術を生み出した「占い宝珠」の代表・橋本恵香先生に、「バロ」の世界を紐解いていただきます。

 

子どもバロ終了で 妊娠報告、続々

橋本恵香先生

不妊治療はきっと費用も忍耐力も相当なものだと思います。でも、ただただ「子宝に恵まれたい」との強い思いで、努力をし続けられるのでしょう。

 

不思議としか言いようがないのですが、子どものバロが終わった途端に妊娠されたとの報告をたくさん聞かせていただきました。「この年までは子どもはできない。でもその後は妊娠が可能」と相談者に答えていますが、その時期がきて本当に妊娠された時、ご本人たちはすごく驚かれます。

 

一時的で一定期間の子どもバロなら、できる限り妊娠への努力をし続けるようアドバイスします。でも、一生に関わるような、または妊娠可能な年齢の間はずっと子どもに縁のない子どもバロなら、ある程度までの治療にしておくようお伝えします。

 

子どもと縁ある期間 知ることが重要

新しい生命を誕生させる子どもとのご縁を、無縁から有縁にさせるのは、医学がどんなに進歩しても本当に大変でしょう。

 

でも完全に子どもと縁の無い人は、実は不妊で悩む人のほんの一部です。できれば、子どもとの縁の有無の期間を知って、大切な妊娠の努力をしていただけばと思います。

 

次回は、男性のバロが影響するケースについてお話します。

 

Pocket
LINEで送る