女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss
  • ブックマーク

エンタメ

2016年8月4日

占い宝珠 橋本恵香の遺言 第13回「男性の子どもバロに注目」

Pocket
LINEで送る

占い宝珠 橋本恵香先生

分単位の易学「バロ」は、複雑化した現代社会に対応し、驚異の的中率を誇ると話題です。この鑑定術を生み出した「占い宝珠」の代表・橋本恵香先生に、「バロ」の世界を紐解いていただきます。

 

男性の子どもバロも 妊娠に影響

橋本恵香先生

前回、子どもバロが妊娠に影響するとお話しました。しかし、女性が子ども縁に恵まれた運勢でも、妊娠しない場合があります。子どもは女性一人ではできません。もしその夫の運勢に子ども縁がなければ妊娠しないのです。女性が婦人科の検査で何の問題もなければ、必ずご夫婦で相談に行ってください。女性と同様に、男性も子どもバロが出ている場合は、子どもとの縁はありません。

 

男性の子どもバロが 子どもの性別も左右

女性が正常であってもなかなか妊娠せず、やっと妊娠したとしても流産してしまうケースが多くありました。長く男女両方の子どもバロのデータを取り続けてきて、気付いたことがあります。子どもバロの男性は、女の子なら無事に育つケースが多くみられます。何人産んでも女の子ばかりの場合は、男性が子どもバロの運勢のように思います。逆に男の子ばかりが生まれるのは、男性に子供バロが全く出ていないからです。昔から女性を男腹だ、女腹だと言われていましたが、実は男性にも原因があったのです。

 

でも、男の子でも女の子でも親は子どもに健康と幸せな人生を願うもの。次回は、そのカギを握るのが親だということについてお話します。

 

Pocket
LINEで送る