女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss
  • ブックマーク

特集「女のわがまま」

2016年9月16日

特集「女のわがまま3」①
デンジャラスな妻たち(2008年 コメディ映画)

Pocket
LINEで送る

監督 カーリー・クーリ

出演 ダイアン・キートン/クイーン・ラティファ/ケイティ・ホームズ

 

シネマ365日 No.1876

爽快なラストです 

特集「女のわがまま3」

日本未公開がもったいなかったほど面白い映画。ヒロイン3人を演じるダイアン・キートンが62歳、ケイティ・ホームズが30歳、そして圧倒的存在感を示すクイーン・ラティファは38歳でした。FRB(連邦準備銀行)が破棄する紙幣を盗む、のではなく、ブリジット(ダイアン・キートン)に言わせれば「廃棄されるものを再利用するのだからリサイクルよ!」なのです。この逆発想によってリーダーのブリジットに全然、罪悪感がないからやることがのびのびしている。人間リラックスするほど強いことはありません。なんでこうなったか。ブリジットの夫がリストラにあい、家を売却せねばならなくなった。なんの悪いこともせず働いてきて、こんな目に…腹をたてながらもブリジットは職探し。年齢からいって難しい。やっとありついたのが清掃員。職場はFRBだった。1日100万ドルもの古い紙幣が、毎日シュレッダーにかけられる。それをみていたブリジットは「簡単ね…」とつぶやく▼ひとりではできなかった。仲間に入ったのはニーナ(クイーン・ラティファ)とジャッキー(ケイティ・ホームズ)だ。ニーナは息子にいい大学にいかせたいから、ジャッキーは恋人といい暮らしをしたいから、ブリジットは、もちろんローンを返済したいからだ。失敗すれば刑務所行きである。ニーナは慎重でした。シングルマザーの自分が罪人になったとき、息子は施設に預けられ、進学は断念。黒人社会への差別を肌で知っているニーナは、息子に教育を受けさせたいのです。「100年間破られたことのない警備システムよ」「意外と簡単なの。清掃員しか気づかない計画よ」「つかまったらアンタを殺すからね」と引導を渡し、ニーナは引き受ける。ジャッキーは「やるわ」あんまりあっさり決めるので「少しは罪悪感とか、ないの?」「やりましょ」「少しでもドラッグの影響が見えたら仲間から抜けてもらうわ」。彼女はあとでこう言う。「彼女らに感動したの。だれもわたしにホンネでつきあってくれなかったのに、大事なことを打ち明けてくれたわ」▼ブリジットはモニタールームの清掃員だ。監視カメラの死角になる場所を特定し、ニーナとジャッキーの行動につなぐ。手口はアナログもいいところ。ニーナが札束のつまったカートから札を抜き出しゴミ袋にいれる、ジャッキーはカメラの死角にあるダッシュボードからゴミ袋を捨て、ブリジットが下で回収する。コートの下に思い切り札束をはさんで3人は退勤する。紙だからブザーはならない。大成功だ、キャッホー。6ヶ月後。必要なお金を手に入れたらやめるはずだとニーナ。「急に使っちゃだめよ。銀行で働いているから目をつけられるわ」。我慢できず6万ドルの指輪を買ったブリジットの指から指輪を抜き、トイレにポイ。しかしとうとう銀行の検察官があやしみ、ニーナ、ジャッキー、計画に加わったブリジットの夫、ジャッキーの恋人が逮捕された。ブリジットは逃走する。すべてを吐いたらその人間だけは釈放する、と刑事はゆさぶりをかけてくる。息子を勾留されたニーナは警察の要求に応じると答える。しかし「一足遅かったな。ジャッキーがOKしたよ。奇妙な条件でね。きみを釈放したらすべて話すというのだ」ジャッキーはニーナと息子だけは無罪にしたいのだ▼ブリジットは知人の弁護士のもとにかけこんでいた。ボストンバッグに詰まった札束をぶちまけ、これで「弁護してちょうだい」。弁護士は引き受ける。どだい証拠はないのだ。緊急事態を知ったニーナもジャッキーも、家を燃やす、コンテナを爆発させるという荒業で、証拠を隠滅したのである。FRBの管理責任者が呼ばれ「3年間、警報もならさず金を盗むことが可能か?」と聞かれる。責任者は落ち度を認めたくない。「システムは完璧です。絶対に不可能です」そう、システムは完璧なのだ。彼女らの「手技(てわざ)」が、システムに入っていなかっただけなのである。検察官は「FRBの条件をのめば」と妥協案を出す。手元に残った現金をFRBに返せば全員釈放すると。ジャッキーとニーナと抱き合ったブリジットは「まさかわたしが本当に逃げたと思った?」。8ヶ月後。3人は再会した。それぞれ再出発の計画があった。ニーナは結婚、ジャッキーは恋人と幸福に、ブリジットは「カリブ海に引っ越し、夫婦でホテルを経営するの」そしてとある路地裏のような場所にふたりを連れて行く。「万一にそなえたお金をマッドマネーというのよ」。ブリジットがふたを開けたゴミ箱にはいくつもの黒い袋。見覚えのあるごみ袋だ。「隠していたのね!」3人とも報われない人生だった。必死で働いて最善を尽くしたのに、残ったのは借金。ならば、追跡不能のお金を「リサイクル」しよう…この発想力、犯罪ではありましたけど、ラストの後味は爽快でした。

 

Pocket
LINEで送る