女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss
  • ブックマーク

ライフ

2016年10月20日

通夜・葬式不要!?  「家族葬のあおい」に聞く、今主流の「自宅での火葬式」とは?

Pocket
LINEで送る

心を込めて送りたいから、故人の思いを尊重
一般的な形式にとらわれない、自由な送り方を

誰もがいつかは直面する「最期のお別れ」。そうとわかっていても、その日が来てから慌てることになりがちです。そのため、悲しさをかみしめる余裕もなく、ただ言われるがまま、流されるがままにバタバタと準備をして、周りに気を使って、ゆっくりお別れをする間もなく気づけば終わっていた…ということは珍しくありません。でも実際には、もっとゆっくりと、故人のことを愛する者だけで静かに心をこめて送りたい、と思っている方も多いはずです。近年「家族葬」が増えてきたのも、その表れと言えるでしょう。そこで、今どきの葬儀事情について西宮北口にある「家族葬のあおい」オーナー・小柳賢一さんにお話を伺いました。

 

「ご家族やご親戚、ご親友だけで静かにお別れしたいと『家族葬』を選ばれる方が増えています。そこで、当社では1名様から15名様までの少人数でご利用いただける会館を無料でご用意し、静かにゆっくりとお送りいただけるご葬儀をお手伝いさせていただいています。また故人様のお好きなお花を飾ったり、ご愛用されていたものやご趣味で集められていたものを展示したり、一般的な形式にとらわれない、自由なスタイルでお送りすることができます。ご自宅での家族葬も、ご近所に迷惑がかからずしめやかに行えるよう段取りさせていただきます。思い通りの送り方をしていただけるよう、精一杯ご要望にお応えしたいと思います」

 

今や主流は
通夜・葬儀のない「火葬式」

ご家族やごく親しい方だけでゆっくり送りたいと強く願う方々には、近年『火葬式』が選ばれているとおっしゃいます。

 

「本当に心を込めてお送りしようと思ったら、必ずしも通夜や葬儀は必要ではありません。儀式よりも大事なのは思いです。通夜や葬儀の段取りに追われることなく、今まで過ごしてこられたご自宅で一緒に最期の時を過ごし、ゆっくりとお別れをして、しめやかに火葬場へとお送りすることができるのが、『火葬式』です。ご自宅が難しい場合は、たしろ会館で火葬式をすることもできます。いずれにしても、ほかに気を取られることなく清楚なお別れができると、ご満足いただいています」

 

「家族葬のあおい」では、火葬式をご自宅118,000円、たしろ会館150,400円でお手伝いしていただけます。

 

 

悔いのないお別れをするために、早めに相談!
事前相談受付中

「家族葬のあおい」オーナーの小柳賢一さん。「お気軽にご相談ください」

「家族葬のあおい」では、事前相談も多いそう。確かに、このように、自由なスタイルで葬送できるならなおさら、事前にしっかり考え、準備しておきたくなります。「事前相談は本当におすすめです。ご葬儀のご要望をしっかり伺うのはもちろん、予算や葬儀のしきたりなどについてもわかりやすくご説明させていただきます」と小柳さん。

 

一日葬(通夜なし・告別式あり)35万円、家族葬(通夜・告別式あり)40万円ほか、フリープランもあります。『西宮市満池谷斎場』でのお葬式も可能。遺品整理に関しても相談にのってもらえます。

 

「最期のお別れを悔いないものにするために、是非お気軽にご相談ください」

Pocket
LINEで送る