女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss
  • ブックマーク

きれい

2016年10月26日

飲みすぎ・健康・アンチエイジング…この時期気になるアレコレの“おいしい”対策とは?

Pocket
LINEで送る

お酒を飲む前も、飲み過ぎた後も…

「飲み過ぎた~」と思った朝は、柿!

 

柿に含まれる「カタラーゼ」という酵素には、二日酔いの原因となるアセトアルデヒドの分解を促進させる効果があるそう。さらに、利尿作用によりアルコールの排出を促し、果糖によって低血糖状態も回復してくれるのです。柿に豊富なビタミンCも肝臓の働きを助けてくれます。二日酔いで気分が悪い時には、よく熟した甘柿を一個食べてみましょう。

 

また、お酒を飲む前に生の柿を1~2個食べておくことで悪酔いの予防が期待できるとされています。もちろん、柿を食べたからと言って飲みすぎは禁物!

 

アルコールだけでなく、乗り物酔いにも柿がよいといわれています。

 

ビタミンCがミカンの2倍!? 風邪の季節の強い味方!

昔から、「柿が赤くなると医者が青くなる」といわれるほど、柿は健康食材として知られてきました。

 

特にビタミンCが豊富で、ミカンの2倍以上! 大きめの柿なら1個食べるだけで、ほぼ1日分のビタミンCの必要量を摂取できるとされています。また、ほかの果物には比較的少ない、ビタミンAも多く含まれ、とくに干し柿は生の柿の2倍ものビタミンAが含有されています。

 

ビタミンCもAも、粘膜強化をサポートする栄養素です。風邪が流行するこれからの季節にぴったりのフルーツといえるでしょう。

ポリフェノールがブドウの5倍!? アンチエイジングでも注目!

たっぷり含まれているビタミンCは、コラーゲンの生成を助け、肌にハリを与えてくれる、美容界でも注目の栄養素。

β-カロテンも豊富で、ビタミンCとともに肌荒れ防止に働いてくれます。

さらに、驚くべきことに、ポリフェノールがブドウの5倍!

利尿作用のあるカリウムも豊富なので、むくみ対策にも期待できます。

美肌とアンチエイジングを夢見る女性にとって、願ってもいないフルーツだったのです。

奈良・西吉野の「美人柿」の秘密とは?

「柿食えば 鐘が鳴るなり 法隆寺」

これは、正岡子規の俳句です。この句からイメージされるように、実際に奈良県は日本有数の柿の産地。特に、柿の王様「富有柿」の栽培が盛んで、果樹園が紅葉する頃、おいしく実ります。

 

実は、その西吉野の富有柿が今、玉揃いで美しく、おいしいと話題沸騰! その秘密は、朝晩の冷え込みや傾斜地での日当たりの良さという柿栽培に適した環境はもちろん、一最新式のCCDカラーカメラ方式による新選別装置によって果実の色・傷・容積・形状を電子光学的に計算し、等級・階級を瞬時に判定して選別されていることにもありました。柿の名産地・西吉野の自然に育まれ、最新の技術で選び抜かれた富有柿は、贈答用にも喜ばれています。

 

これから「富有柿」のシーズンを迎えます。お酒好きな方、健康を維持したい方、美肌を目指す方、アンチエイジングに関心のある方、おいしい柿で対策してみませんか?

Pocket
LINEで送る