女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss
  • ブックマーク

特集「美しい虚無-妄想映画の魅力」

2016年12月7日

特集「美しい虚無=妄想映画の魅力4」⑦
ラスト・ボディガード(2015年 アクション映画)

Pocket
LINEで送る

監督 アリス・ウィンクール

出演 マティアス・スーナールツ/ダイアン・クルーガー

 

シネマ365日 No.1958

おい、どっちだ? 

この映画を妄想映画とする理由は、いつにかかってラストのワンシーンなのです。賛否両論が出るでしょうが、どう考えても唐突にジェシカ(ダイアン・クルーガー)が、ヴァンサン(マティアス・シーナールツ)の元に引き返したとは思えない。彼女が何もかも放り出して、危険な邸宅にボディガードと残って、どうするの? ヴァンサンへの愛でしょうか。息子はどうするのよ。武器商人の旦那がヤバイ橋を渡ったみたいで、国境で逮捕され、家に残る家族を殺すのか拉致するのか人質なのか、とにかく襲撃しろという指示が取引相手の黒幕から出たらしいのね。フランスの郊外にある広大な屋敷には、妻と息子がいて、旦那は自分が出張中、妻子だけになるのは危険だとボディガードを雇う。やってきたのが、元軍人のヴァンサンだ。彼はアフガニスタンにいたが「心的外傷ストレス障害」(PTSD)によって軍に復帰するのは無理と告げられ、友人の紹介で、要人のボディガードの仕事をすることにした。最初の仕事がジェシカと息子の護衛だった▼もしラストシーンが、ヴァンサンの妄想ではなく現実だとしたら、ジェシカとヴァンサンが心を通わせるエピソードが、もう少し具体的にあっていいはずですけどね。ヴァンサンのマティアス・スーナールツは38歳。「君と歩く世界」「ベルサイユの宮廷庭師」「リリーのすべて」「フランス組曲」と、それぞれマリオン・コティヤール、ケイト・ウィンスレット、アリシア・ヴィキャンデル、クリスティン・スコット・トーマス、つまりオスカー受賞、もしくはノミネーの女優と共演という、現在売り出し中のヨーロッパの俳優。それなのに今回はちょっと…劇中でダイアン・クルーガーが「クマ狩りでもしていそう」といったの、アドリブじゃないかと思ったわ。心身に傷を負った青年兵士が、クール・ビューティーの護衛になった途端ラブラブになってしまうのは、どう考えてもまずい、それはわかるのですけど、アリス・ウィンクール監督が叙情を抑えすぎたあまり、映画がコチコチになりすぎてしまった。ダイアンにしても、せっかく「晴れ、ときどきリリー」や「バツイチは恋の始まり」で軽妙なコメディ・タッチを見せているのに、本作じゃ、あんまり当たり前すぎるダイアンだったわね▼で、やっぱり「妄想か否か」に戻るのだけど、ジェシカが屋敷にいる限り襲撃されるとヴァンサンは確信しているから、とにかく脱出させたい。自分一人では防戦しきれないから幼馴染のドニを呼び、ジェシカ親子を明日空港まで送ってくれ、俺も一緒に行く、そういうのよ。ドニは「お前が?」「おかしいか」「彼女がそう望んでいるのか?」「さあな」「彼女から一緒に行ってくれと頼まれたのか?」「わからん」なんてたよりない。ヴァンサン、しっかりしてくれよ。その夜敵の襲撃を受け、ヴァンサンとドニは負傷しながらも3人の敵を射殺する。ここはハリウッド的ドンパチの攻防ではなく、狭い室内や廊下や階段、居住地の隅々からスキを伺って撃つ、もちろん弾丸にも限りのある、リアルな戦闘です▼敵は退けた。あとはジェシカと子供と一緒に空港に向かうだけ。「早くしろ、時間がない、いくぞ」ドニが叫んでいる。ヴァンサンは「ふたりを送ってくれ」「お前は?」「残る」ドニ、さっさと車に戻り「彼は来ない」とあっさりジェシカに告げる。「来ない」だって? おいおい、一体いつ、ジェシカとヴァンサンの間でカナダ行きの話が出たのよ。なかったぞ、一言も。あったのはジェシカが「あなたは街より大自然が似合う、クマ狩りでもしていそう」といい、ヴァンサンとおかしそうに声を出して笑う、この映画唯一の笑うシーンだ。それだけで二人が、カナダ脱出行を了解し合ったことを想像しろ、なんてテレパシーの世界かよ。わたし、こういう微妙な雰囲気、苦手で鈍感なのだからさ、セリフで言ってよ、セリフで。そのうち車が出ちゃった。ヴァンサンは一人、寂しそうにうつむいている。背後をすっと影がよぎったときは、再度敵の襲撃かと思ったわよ。その影は音もなく近づき、ヴァンサンにすら気づかれず背後に回り、後ろから男を抱きしめるのよ。ヴァンサンもそれがジェシカだとわかっている。ゴルゴ13だと後ろに回っただけで腕をねじ上げているわよ。そして溶暗、エンドクレジットだから、解釈はあなた次第ってことね。どう思う? わたし、ジェシカ幻影路線。もしジェシカ現実路線だったらそのあとどうなるか、異国で苦労とストレス山盛りの生活が始まるのよ。愛? う〜ん、それもいいけど、いちばん現実的なのは、ヴァンサンのPTSDが軽快することはないってことね。

 

Pocket
LINEで送る