女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

特集「美しい虚無-妄想映画の魅力」

2016年12月11日

特集「美しい虚無=妄想映画の魅力4」⑪
ブラッドウルフ(2007年 ホラー映画)

Pocket
LINEで送る

監督 カーチャ・フォン・ガルニエル

出演 アグネス・ブルックナー/オリヴィエ・マルティネス/カッチャ・リーマン/ヒュー・ダンシー

シネマ365日 No.1962

オオカミが美しい

美しい虚無=妄想映画の魅力4

バンディッツ」に続くカーチャ・フォン・ガルニエル監督の長編映画二作目。一作目と二作目の間にテレビで「アイアン・エンジェルズ/自由への闘い」があるのですが、DVD化されていません。彼女、ずいぶん若く「バンディッツ」で監督デビューして、10年後の本作でも40歳になるかならないかだと思います。「バンディッツ」の主演カッチャ・リーマンが、主役のアグネス・ブルックナーの脇に回り、彼女がスクリーンに現れただけで、胸がジワ〜とする哀切な存在を演じています。どこが虚無で妄想かというと、人狼映画だという、あまりにありふれた一点なのですが、これがね〜実に幻想的で吸い込まれるのですよ。ドラキュラと人狼といえば怪奇映画の二大テーマですが、ガルニエル監督はおどろおどろしいホラーではなく、詩情ある映像にしています。詩情の大部分を受け持つのは本物のオオカミです。彼らの躍動、跳躍、深く暗い森を疾走する美しさ。監督は人間よりオオカミに惚れ込んだのではないか思ったくらいです▼監督の手際のよさは「バンディッツ」で保証済みですし、本作でもタルミはありません。いっちゃ悪いけど、たかが子供騙しの「オオカミ人間もの」に、ラブロマンスあり、女性リーダーの誕生あり、ルーマニアの歴史ある市街の絵になるシーンも充分、アクションときたら、オオカミにはかなわないけど、イケメンたちのしなやかな肢体と筋肉美が軽業のように空中に舞う。要するに見せ方が上手で、手垢がついているはずのテーマを古くさせていません。ビビアン(アグネス・ブルックナー)は5000年続く人狼集団「ルー=ガ・ルー」の末裔。それも名家の血筋で現リーダーのガブリエルと結婚して次期後継者を育てる使命を担っています▼人狼とはわかりやすくいうと、オオカミの血が半分、人間の血が半分混じった生物で、姿かたちは普段は人間ですが、その気になると、つまり狩りや、興奮する状況に置かれるとオオカミに変身する。ガブリエルは「ルー=ガ・ルー」が人間の迫害を受け、絶滅の危機にあることを憂い、あくまで正体を隠しひっそりと生きていく方針。でもやっぱりオオカミですから時には狩りもしたい。だから月に一度、警察の刑事を抱き込んで、どうしようもない悪党を連れてきてもらい、森に放し、オオカミになって生贄を血祭りにあげるのです。ビビアンは子供の頃アメリカのコロラド山脈で両親と暮らしていたが、人間に正体を知られ、両親は殺される前にビビアンを逃した。彼女を引き取って育てたのが叔母のアストリッド(カーチャ・リーマン)です。彼女はガブリエルの妻だったが、一族の長は7年毎に妻を変える、つまり7年たったら妻を捨てて新しい妻に変えて良いという、まことに男にとって都合のいいルールがある。ビビアンは叔母に対するガブリエルの仕打ちを見ていると、果たしてこんなルールがあっていいのかと、アメリカ育ちとしては思うのであります▼そんな、こんなでビビアンはトップの方針にどうも馴染めていない。そこへアメリカの旅行者エイデン(ヒュー・ダンシー)が現れ、強引にビビアンを口説きます。エイデンはイラストレーターで、人狼が人食いオオカミなどという野蛮な存在ではなく、神として崇められ、人間を守った聖なる存在だと知った、などと言います。これ、口説きの文句かもしれませんが。ヒュー・ダンシーは汚らしい風体で現れ、すぐに喧嘩にもやられパッとしませんが、本物はオックスフォード卒の秀才です。彼が「ハンティング」の獲物となり、ガブリエルと一騎打ちになる。負けるに決まっているとビビアンは思う。で、どうしたか。彼女はエイデンを助けるべくオオカミに変身する。白いオオカミである。ガビリエルの、大きなシェパードみたいなオオカミに比べたらひ弱だが、身ごなしはシャープだ。死闘の結果、ガブリエルをやっつけるのに、トンマなエイデンは白いオオカミをナイフで刺してしまうのだ。白オオカミは横たわり弱々しく脚をもがくと、全裸のビビアンに戻った…もうこの辺はどうでもいい、ビビアンは介抱を受け、ガブリエル亡きあとトップに就任するのである。ビビアンが通ると人間に紛れ込んで生きている「ルー=ガ・ルー」が、彼らにだけ分かる、忠誠と服従を誓う独特のポーズをとる。イヌは時々後ろ足で耳の後ろを掻くが、まさか人間の姿でそれはできないので、腕でクルッと後頭部を撫でる、それが誓いの印だ。街を車で行くと、おお、あっちでもこっちでも、車中のビビアンに「クルッと」をやっているではないか。ビビアンの隣にはエイデンが。影が薄いけど、子作り要員なのでしょうか。

 

Pocket
LINEで送る