女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss
  • ブックマーク

コラム

2016年12月1日

伝えたいこと、残したい思いを。雑誌仕立てにした「わたし物語」

Pocket
LINEで送る

平成28年12月 代表挨拶

わたし物語チラシ

 

「今までの人生を振り返った時、ご家族に伝えきれていないことはありませんか? あなたの歴史は、お子様やお孫様にとってのルーツ。あなたの人生を伝えることは、大きな意味を持ちます」。

 

こんな文面で読者の皆様やお取引先に今月から紹介を始めたのがいわゆる自分史作成の案内です。自分史と言えば通常100冊・数十万円からが相場で一般の方々には少し手の届きにくいものでした。もっと手軽に家族に伝えたいこと、残したい思いを綴っていただこうというのが「わたし物語」と名付けたA4フルカラー全16ページ建て雑誌タイプの自分史です。

「何を伝えていいのかわからない」というような方にも、安心していただけるように、思い出話や伝えたいこと、最近の出来事や趣味など、ただ話すだけで記者が言葉に紡ぎ、思い出の写真を交えながら、特別な一冊に仕上げていきます。

最少5冊、費用も88,888円からと手軽に家族をつなぐコミュニケーションツールとして多くの方々にご利用いただければと願っています。

 

いよいよ2016年も残すところ1ヶ月となりました。4月の熊本地震では大きな被害がでました。一日も早い復興を祈るばかりです。今年はリオ五輪や伊勢志摩サミットというスポーツ・政治の大イベントが開催され、先月には誰もがその結果に驚かされたアメリカ大統領選挙がありました。生活面ではマイナンバーの運用開始や電力の全面自由化があり、改正公選法の施行で18歳以上が有権者になりました。

 

来年はどんなことが起こるのかはわかりませんが、あらゆるものの多様性が加速する中、多様化を認めない勢力があるのも事実です。変わらなければいけないこと、変わってはいけないことをしっかりと見極めて事業を推進してまいりたいと考えています。今年1年間のご愛読、ご愛顧に感謝申し上げます。

 

 

2016.12.1

 

Pocket
LINEで送る