女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

ビューティー

2016年12月22日

確定申告までに?! 巷で話題‼ いまさら聞けない「ふるさと納税」

関連キーワード:

Pocket
LINEで送る

最近話題の「ふるさと納税」。実際にどれだけの人が申し込んでいて、満足度はどうなんでしょうか?

そもそもふるさと納税って何?

ふるさと納税とは、「税金」ではありません。好きな市区町村への寄附のこと。
寄附をして確定申告すると税金が控除されます。また寄附した地域から「返礼品」が届きます。(ない場合もあるのでご確認を!)
これは過疎などで税収が減少してしまった自治体のため2008年創設された制度。
納税者が税金の使われ方を考えるきっかけとなる、好きな地域を応援できる…というメリットがあります。
さらに最近は、寄付を受ける自治体自身が特性や魅力を再発見する、新商品開発など地域の活性化が作新される、という大きな効果が表れています。

ふるさと納税、「やったことがある」家庭は10件に1件未満?

株式会社マクロミルのインターネットリサーチによれば、家庭で申し込んだことのある人は10人に1人以下。
でも経験家庭はアンケートにこう答えています。

やっぱり人気は「おいしいもの」

「ふるさと納税」の返礼品として受け取ったことがあるもの。
その1位は「肉類・肉加工品」51%、 2位「魚介類・水産加工品」41%、 3位「米」40%でした。約半数の家庭が食料品を選んでいますね。
その返礼品(食料品)を選んだ理由は、1位「家族においしいものを食べさせたいから」34%、 2位「普段の食事用に」・「各地の特産品を食べたいから」32%でした。
さらに「ふるさと納税」の返礼品を選ぶ際最も重視することは、 1位「お得さ」26%、 2位「寄付金の額」14%、 3位「安全性」・「味」13%でした。

98%の人が「また申し込みたい」!

今後も「ふるさと納税」を申し込みたいか、という質問には、78%が「申し込みたい」と回答、 20%が「まあまあ申し込みたい」。合わせるとなんと98%!!
それだけ多くの家庭が満足しているということですね。
ちなみに一般的な「お取り寄せ」の場合は、その理由はまず「自分がおいしいものを食べたいから」42%。「家族においしいものを食べさせたいから」は2位。最も重視することは「味」が27%とトップ。
一般的なお取り寄せは「自分のために特別なもの」を選ぶ傾向がありますが、ふるさと納税では「家族のために普段使いのもの」が選ばれているようです。

関連キーワード:

Pocket
LINEで送る