女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss
  • ブックマーク

ビューティー

2016年12月23日

いまさら聞けない「ふるさと納税」…震災復興に役立つ?デメリットは?

Pocket
LINEで送る

話題のふるさと納税、一度やってみたい!そう思う方は多いはず。
ふるさと納税のメリット、そしてデメリットを考えてみました。

 

還付金じゃなくて「税金控除」!

メリットは「税金控除」。
ふるさと納税を行い確定申告すると、寄附金のうち最大2,000円(年収、寄附金額、家族構成、その他の控除額等によって変動)を超える金額が税金から控除されます。
還付金として振り込まれるわけではなく、その年の所得税から還付、そして翌年度の個人住民税から控除という形で返ってきます。

使い道が選べる貴重な納税制度!

「ふるさと納税」で震災復興にも役に立てる!

ふるさと納税をする地域は、好きな地域でOK。生まれ故郷や縁のある地域でなくてかまいません。
「じゃあどこを選ぼう」と思ったら…。各地域の「返礼品」で選ぶのもいいのですが、こんな選び方もおすすめです。
実はほとんどの自治体で、寄附の使い道が選べるのです。
例えばひとつの市でも「自然保護のため」「子育て環境のため」と使い道がいくつも表示されています。震災の復興にも寄付できます。
日本では税金が何に使われているか、あまり知られることがありません。そんな中で自分の意志で使い道を決めることができる。それが「ふるさと納税」です。

デメリットは?

いいところばかりのように思えるふるさと納税。でも人気が高まりすぎて、返礼品が高額になりすぎ自治体の負担となったり、人気のある自治体とない自治体の税収の格差も…。
また返礼品が目的になってしまい、本来の目的と離れてきている、という批判もあります。
寄附する側も、確定申告やたくさんある自治体から選ぶ手間が大変、人気の返礼品は即売り切れだったり、寄附の手続きを失敗したりするケースも少なくないようです。

受付は年間通してだから、焦らずに

寄附の手続きや選び方は、最近はポータルサイトも充実しているので利用すると便利ですよ。
年度末の確定申告に間に合わせるのもいいですが、受付は年間を通して行われていますので、来年家族でじっくり考えてから選んでもいいですよね。
あなたにとって、そして地域にとって何が大切か、ゆっくり考えてふるさと納税にチャレンジしてみませんか?

Pocket
LINEで送る