女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss
  • ブックマーク

介護のささやき

2017年1月18日

最近物忘れが激しい…。認知症が心配な方のための、神経心理テストセンターがオープン

Pocket
LINEで送る

認知症は、前段階での発見で予防も可能に…

福島神経心理テストセンター

 

「認知症」今、高齢者が一番なりたくない病気と言えるかもしれません。自分自身もですが、家族にかかる負担を考えると、そう思うのも無理ありません。

 

予防医学を推奨してきた「親友会グループ」(京都市中京区)が、認知症予防を目的とした「福島神経心理テストセンター」をオープンしました。

臨床心理士による心理検査により、認知症の前段階であるMCI(軽度認知障害)を早期発見し、認知症の発症を遅らせたり、予防のための数少ない施設です。

 

MCIとは軽度認知障害の状態で認知症に至る前段階、この段階でなんらかの介入をすれば認知症への進展を予防できる可能性があるといいます。

福島神経心理テストセンターでは、MCI及び認知症を適切に診断し、最適な治療を受けることができる医療機関を紹介してくれたり、治験の紹介もしてもらえます。

 

検査としては、認知症の早期発見、症状の進行の程度などを、専門資格を持った臨床心理士が行います。軽度認知障害心理検査とCDRという認知症判定心理検査が受けられます。

 

認知症への移行を防ぐための生活指導も

プライバシーが確保されたカウンセリングルームで、インタビュー形式と、簡単な演習などでテストしていき、リラックスしたムードで検査が進められます。

病院ほど緊張せずに済みますし、臨床心理士がきちんと状況を説明してくれて、MCIの状態にあると診断されても、認知症への移行を防ぐための食生活の改善、運動のアドバイスをしてもらえ、治験への参加勧奨もしています。

 

また、中之島クリニックとの連携で頭部MRIも受けられるので、アルツハイマー型認知症と判定された方には、適切な医療機関への紹介もや、治験の紹介もしてくれます。

 

50代以上の方で、家族が認知症になり、自分も心配な方、最近物忘れが気になる方など、病気かどうかわからない方には、気軽に行けるこういう施設があることは、心強いですね。

 

福島神経心理テストセンター 福島神経心理テストセンター 福島神経心理テストセンター 福島神経心理テストセンター
Pocket
LINEで送る