女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

エンタメ

2017年1月12日

占い宝珠 橋本恵香の遺言 第18回「母バロの影響力」

Pocket
LINEで送る

占い宝珠 橋本恵香先生

分単位の易学「バロ」は、複雑化した現代社会に対応し、驚異の的中率を誇ると話題です。この鑑定術の生みの親「占い宝珠」代表・橋本恵香先生に、「バロ」の世界を紐解いていただきます。

 

人生を左右する母親の存在

橋本恵香先生

前回、母の星が見えている人と消えている人では、母親に対する感覚や接し方に大きな差があるとお話しました。

 

母バロの運勢の人は、実家を出ていく時機も早い人が多く、自立・独立の生活を望みます。それぞれの性格や意識は突然できあがるものではありません。与えられた環境に大きく左右され、間違いなく母親の存在のあり方は、それぞれの人生に大きな影響を及ぼしているといえるでしょう。

 

何の違和感もなく実家で寝泊まりできる人と、それとは逆に実家に行ってもゆっくりできずそそくさと帰っていく人は、わかりやすい対比だと思います。

 

母バロの運勢でも母と関われる時

他にも母バロの特徴はたくさんあります。ところが、母親との関わりが持てない星でありながら、関わりを持てる時があるのです。それは強いもしくは熱い母親が弱った時や、年老いて体が不自由になった時です。母バロは母親が強いとそばにおられず、母親が弱いとそばで世話ができるという答えを見つけるのにしばらく時間がかかりました。

 

次回は、「母親の存在」についてお話したいと思います。

 

Pocket
LINEで送る