女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

ビューティー

2017年1月27日

節分の日特集 ダイエッター注目⁉ 恵方巻で太らない4つのコツ

Pocket
LINEで送る

ポイントを押さえれば、ダイエット中でも恵方巻が楽しめる!

 

2月3日は節分! 豆まきやお寿司の丸かぶりをされる方もいらっしゃるかもしれません。なんとなく「お寿司=ヘルシー」というイメージをお持ちの方も多いかもしれませんが、ダイエット中の方は要注意! 年末年始の宴会シーズンが落ち着いてきたというのに、節分行事でまた体重が、なんてことになると悲しいですよね。かと言って、行事をスルーするのもまた寂しい…。

 

「恵方巻」と言っても、長さも太さも具もそれぞれです。一般的なものなら、ご飯お茶碗一杯分ぐらいの酢飯が巻かれていたとして、そこに砂糖を使った寿司酢があわせられ、しかもそれ一本では口もお腹も心も満たされません。かんぴょうやしいたけ、厚焼き玉子など、甘い味付けの具もあります。また、ガッツリ太目で長めの巻きずしだと、1本食べると一食分くらいのカロリーになる場合もあるそう! いつもと違う行事食なだけに、「適量」を把握しづらいかもしれません。そこで、恵方巻を楽しめるように、次のポイントを押さえておきましょう。

 

1.海鮮巻を選ぶ。

かんぴょうや高野豆腐、しいたけ、穴子など甘い味付けの具や揚げ物、マヨネーズ類を使ったものではなく、海鮮系の具材を選びましょう。と言っても、脂がのったサーモンやトロ、ツナなどは高カロリーです。アジ・いわし・さば・さんまなどの青魚はEPA・DHAが豊富で、これらは優先的に燃焼されて体脂肪になりにくい油と言われています。

 

ただし、カロリーが高いので食べ過ぎは禁物です。また、赤身のまぐろや高たんぱくで低カロリーの貝類、タウリン豊富なイカ・タコ・エビもおススメです。

 

2.汁ものやおかずと一緒に。

お味噌汁などを付けると満腹感が得られ、恵方巻を食べる量を減らせます。野菜たっぷりの具沢山味噌汁もおススメ。おかず代わりになり、栄養バランスも整います。おかずを用意することで、お寿司だけでお腹を満たす必要がなくなり糖質を抑えやすくなります。

 

3.食べる順番に気を付ける。

本来なら、恵方巻を丸かぶり!と行きたいところですが、ダイエットを考えるなら、野菜のおかずから。イワシを食べて、汁ものを食べて、恵方巻の流れが安心かも。

 

4.すし飯は少な目&冷えてから。

自宅でお寿司を作る場合は、すし飯を少なめに巻き、ヘルシーな具を多めに巻いてボリュームを出しましょう。慌てて作ってご飯が温かい、なんてことのないように。ご飯は冷えていた方が太りにくいと言われています。また、ご飯を白米ではなく玄米や雑穀米にするのもいいでしょう。

 

2017年の恵方は「北北西」。体重が気になる方も、2月3日は「恵方巻」で運を招きましょう!

Pocket
LINEで送る