女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss
  • ブックマーク

きれい

2017年2月22日

「素敵ママ」講座:卒園式・卒業式の服装・アクセサリーマナーは?

Pocket
LINEで送る

気合いを入れ間違えると、逆効果!

 

卒園・卒業のシーズンです。出席するお母様も「子どもが自慢に思うママで」とオシャレに気合いが入っているかもしれません。しかし、間違った気合いは、逆にお子様に恥ずかしい思いをさせてしまうかもしれません。ママ友たちにこっそり笑われることにもなりかねません。「素敵ママ」でいるために、最低限守るべきマナーについてご紹介しましょう。

 

「オシャレ」と「派手」は別物!

あくまで主役はお子様です。子供たちより目立つような服装はマナー違反です。「オシャレ=派手」ではありません。フォーマルな場であることをお忘れなく。

 

洋服の場合は、「略礼服」や「準礼服」がふさわしいでしょう。ワンピースやスーツでジャケットを着用、スカートはひざ下丈、またはやや膝上丈を選びます。動きやすいフレアスカートがおススメです。黒や紺、グレーなど落ち着いた色調が好ましいでしょう。

 

インナーのブラウスは、少し明るめのものを選ぶと華やかになります。レースやフリルが付いたものもいいでしょう。

 

コートを着用する場合は、式場内では必ず脱ぎましょう。

 

また、ストッキングは、肌の色に近いベージュ系を着用します。素足や黒、目立つ柄物のタイツ・ストッキングはマナー違反です。

 

アクセサリー・小物のマナーは?

アクセサリーは、パールのネックレスが定番ですが、コサージュやスカーフ、ブローチもいいでしょう。服装の色調が地味なので、ホワイトやピンク、ベージュなどの淡く明るい色がおススメです。いずれも派手すぎたり、カジュアルすぎるものはNGです。また、ジャラジャラとたくさん身に着けるのもマナー違反になります。上品さと華やかさを考えて選びましょう。

 

ご主人も出席される場合は、小物類の色をネクタイの色と合わせるとオシャレです。

 

靴とバッグは同系色がおススメ!

靴は、服に合わせた色を選びます。黒や茶色が無難でしょう。ピンヒールやオープントゥー、バックストラップのようなデザイン性の高いものや運動靴、ローファーは避けます。パンプスで、ヒール高さは5㎝までが好ましいです。

 

バッグは、靴と同色にすると失敗がありません。ただし、いかにもブランド!というものは避けましょう。また、配布物などを持ち帰るために、落ち着いた色合いのサブバッグを用意しておくといいでしょう。

 

お子様の晴れの舞台です。ファッションのみならず、言わずもがな、雑談や携帯電話の音、強すぎる香水などもマナー違反です。恥ずかしい思いをしなくていいように、しっかりマナーを守って参加しましょう。「素敵ママ」の基本は、「常識ある行動」ですよ。

 

Pocket
LINEで送る