女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss
  • ブックマーク

エンタメ

2017年4月6日

占い宝珠 橋本恵香の遺言 第21回「うれしい驚きの連続」

Pocket
LINEで送る

占い宝珠 橋本恵香先生

驚異の的中率で知られる、分単位の易学「バロ」。複雑化した現代社会に対応したこの鑑定術の生みの親、「占い宝珠」代表・橋本恵香先生に、「バロ」の世界を紐解いていただきます。

 

ささいな事件を 鑑定でなぞ解き

橋本恵香先生

前回、何時何分に何が起こるか時間の運命を研究するために、データ収集にご協力くださった女性が相談に来られた話をしました。

 

日常のささやかな事件を、わたしの新しい鑑定方法でなぞ解きしていくのです。例えば、「朝飲んだ茶びんのお茶が変な飲み物になっていた。これは、誰がいつ入れたのか」などです。とても面白かった実験で、おかげさまでそれらのデータを元に特許を取ることができました。

 

10年越しの対面は 驚きの連続!

この日、彼女としたのは、運勢の相談よりも、当時の思い出話がほとんどでした。そしてうれしいことに、「もくなら」に連載しているこの「遺言」を全部読んでいると言われたのです。10数年前にはなかった「バロ」という名前も知っておられ、バロがどういうものなのか理解してくれていました。彼女の住まいは「もくなら」の配布地域ではないのにビックリです。

 

さらに数カ月前に作った新しい本『生まれ変わりの法則』のことも知っておられ、いろんな書店に問い合わせてくれていたそうです。見つけることができず、でもどうしてもこの本がほしくて、新幹線に乗って会いに来られました。

 

そしてもう一つ驚きが…。次号でお話します。

Pocket
LINEで送る