女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss
  • ブックマーク

プレゼント

2017年4月17日

清須市はるひ美術館 「企画展 清須ゆかりの作家 黒蕨壮 彫刻展 木によるリアリティと情念 鑑賞券」

Pocket
LINEで送る

注目の彫刻家・黒蕨 壮(くろわらび・そう)

《存在しない俺》1984年
《存在しない俺》1984年

 

清須市はるひ美術館では、6月11日(日)まで「黒蕨壮 彫刻展 木によるリアリティと情念」が開催中です。

 

「黒蕨壮 彫刻展 木によるリアリティと情念」は、清須にゆかりのある作家を紹介するシリーズの第4弾。

 

黒蕨壮さんは、2015年日本を代表する彫刻賞である平櫛田中賞を愛知県在住作家として初受賞した彫刻家です。祖父の影響で幼少期から木彫に親しみ、ほぼ独学でスタイルを確立。1980年代から全国の公募展で大賞受賞など高い評価を受けてきました。

初期代表作から最新作まで網羅

《軽い肩》2005年
《軽い肩》2005年

今回は、社会的メッセージの強い初期代表作からウィットに富んだ最新作までその創作世界を網羅。道端に落ちた手袋や脱ぎ捨てられたジーンズ、ダンボールなど身の回りのモチーフと、顔をもたない人体の一部を組み合わせた奇妙な造形は、木肌のぬくもりとあいまって生々しい存在感を放ちます。

 

具体的な人物の姿は見えませんが、布の皺の一筋や指の微妙な角度に宿る濃厚な「情念」は、人間の形象以上に人間の真実をあらわしているといえるでしょう。

 

この展覧会の鑑賞券(300円相当)を、5名様にプレゼントします。

★プレゼント応募方法★

▼プレゼント名/清須市はるひ美術館 「企画展 清須ゆかりの作家 黒蕨壮 彫刻展 木によるリアリティと情念 鑑賞券」
▼プレゼントID/W1104530
▼締切/平成29年5月1日
▼当選数/5名様
★応募手順★
1.応募するボタンをクリックして、応募フォームへ進んで下さい。
2.必要事項を記入し、『確認』ボタンを押して下さい。
3.間違いがなければ『送信』ボタンを押して受付完了。
※頂いた情報は抽選及び発送のみに使用致します。
※抽選の上、当選はプレゼントの発送をもって代えさせて頂きます。

Pocket
LINEで送る