女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

コラム

2017年5月1日

お客様は今、何を求めているのか|ウーマンライフ新聞社 平成29年5月代表挨拶

Pocket
LINEで送る

原点に戻ってお客様の「不」の要素を見つけ
悩みを解決する提案を繰り返していくこと

お客様は今、何を求めているのか|ウーマンライフ新聞社 平成29年5月代表挨拶

 

弊社には創業時に作成したA4版で20頁の業務基本マニュアルというものがあります。主に新入社員の研修に使用していますが、改めて読み返してみると手法やツールは時代と共に進化していますが、営業の基本スタンスや販売促進の考え方は20年以上経った今もまったく変わっていません。売り上げが頭打ちになったり、調子が悪い時こそ原点に戻って、お客様が今、どんな悩みをもっていて、何が欲しいのかを見つけることの重要性に気づかされます。

 

業務マニュアルにはお客様が何を欲しがっているのかを発見するために、お客様の「不」の要素を見つける(聞き出す)ことという項目があります。「不」とは、不安、不信、不足、不満、不愉快、不平、不審などで、それらの「不」を「富」に変えるのが私達の仕事の使命です。

 

すべての企業が創業当初は、お客様は今、何に困っていて、何が必要なのかという視点で事業を進めていきますが、いつしか何を売りたい、これを買って欲しいという視点に変わってしまい、お客様目線を疎かにしてしまっていることがあります。

 

来月6月創刊満20年を迎えるに当たり、もう一度初心に帰って、読者の皆様にはキレイになる、健康になる、お友達と楽しい時間を過ごす、おいしいものを食べる、新しいことに挑戦するなど、楽しく心はずむひとときを持っていただくための時代に即した情報発信に注力してまいります。また、広告主の皆様には困っていること、欲しいモノ・コトなどヒアリングに重きを置き、生活者目線を活かした販売促進の提案で一つでも多くの「富」を生み出していきたいと考えています。

 

2017.5.1

Pocket
LINEで送る