女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

2017年5月9日

体温を上げて免疫力アップ! 
自身の経験から作った岩盤浴イス悦っちゃんを開発

Pocket
LINEで送る

体温を上げて免疫力アップ! 自身の経験から作った岩盤浴イス悦っちゃんを開発

芦屋市で、ゲルマ温浴のお店「ぬくもりサロン 芦屋」を経営する久木元悦子さん。見た目は優雅な奥様ですが、実は配管工事の会社「株式会社 関西工事」も経営する男勝りな部分もあるスーパーウーマンです。

 

「出産の時に股関節を痛めてしまい、その上12年程前に温泉で滑って仙骨にヒビが入る大怪我を負ってしまいました。そのため筋肉が落ちて左足がガリガリにやせ細り、歩くことも困難に…。経営していたゲルマニウム温浴だけでは治りそうになく、秋田県の玉川温泉の予約も取れない状態でした。そんな時その玉川温泉の岩盤浴を再現したベッドを見つけて、早速購入してみました。

 

ところがこれが業務用だからなのか、ベッドに熱が回るまでに8時間から10時間もかかる。やりたい時にすぐにできるようにするためには、24時間電気を入れっぱなしにしなければなりませんでした。電気代もバカにならないなあと考えて、ゲルマ温浴をする時の椅子にできるくらいの小さなものがないかと探したのです。でもそんなに都合よく、小さな岩盤浴なんて見つかりません。それなら自分でと思い、ベッドの仕組みを応用して、椅子を作ったのです。それが『どこでも岩盤浴 悦っちゃん』です。」

すぐに温まるので、節電にもなりどこにでも運べるからとても便利なのだとか。

 

自分自身の体のために作った「悦っちゃん」ですが、「ゲルマニウム温浴」と「悦っちゃん」で体を温め続けた結果股関節もすっかり良くなり、平熱が以前より1度ほど上がったためか、免疫力もついて、ここ数年風邪も引かないのだそう。

 

「股関節のためだけに始めたのに、こんなに健康になると思わなかった。昔から『冷えは万病の元と言いますが、本当にそうです。もともと虚弱体質で、しょっちゅう病院にかかっていましたが、体を温めて血流が良くなると、すごく体調がいい。今では病院にかかることもなくなりました。こんなシンプルなことで健康になれるということを、身をもって知ってしまったからには、ぜひみなさんにも広められたらいいなあと思っています。」と使命に燃えています。

 

久木元さんのサロンでは、ゲルマニウム温浴も、本業の配管工事の技術を生かして、パイプを分解掃除しているのだとか。

 

だからいつもピカピカの綺麗なお湯。「悦っちゃん」に座って、ゲルマニウム温浴を受ければ、体の芯から温まって体温が上がっていきます。現代社会は夏でもエアコンや、冷たい飲食物で体が冷えている方が多いのだとか。

 

なんとなく体調が優れない方、風邪をひきやすい方、疲れやすい方など、体温を上げることは、健康の近道かもしれませんね。

Pocket
LINEで送る