女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss
  • ブックマーク

きれい

2017年6月1日

畳の張り替え、どこに頼めばいいの?日本の気候にぴったり、お肌にも優しい天然素材|「(株)あたらし畳」

Pocket
LINEで送る

畳は日本の誇るスーパー素材

ひと昔前までは、どのお家にも和室は必ず1部屋くらいはあったもの。全てが和室という純日本家屋だって珍しくなかったし、賃貸のアパートやワンルームの物件だって和室というのも多かったですよね。ところが、いつの間にかマンションだって一軒家だって、和室が少なくなって、全てフローリングという家も珍しくなくなってきました。和室にコタツとか、畳の上で夏の昼寝なんてのは思い出の彼方。だけどやっぱり畳の匂いや、あの感触は忘れがたく、畳に座るとホッとすると言う方も多いのでは?

畳の張り替え、どこに頼めばいいの? 日本の気候にぴったり、お肌にも優しい天然素材「あたらし畳」

 

伊丹で20年、畳の会社を営む「(株)あたらし畳」の業務部部長金田孝浩さんと、営業部長川上浩さんにお話を伺ってきました。

畳の張り替え、どこに頼めばいいの? 日本の気候にぴったり、お肌にも優しい天然素材「あたらし畳」

 

JR伊丹駅から車で10分ほど行くとズラリと並ぶ「あたらし畳」のトラックが見えてきます。「えっ?畳屋さんでしょ?」と戸惑うほど広い敷地です。

 

「1日に取り扱う畳は250~300枚。だいたい中1日で張り替えてお客様にお届けします。朝引き取って夕方に納品という場合もありますから、工場内はフル回転ですよ。」

 

と金田さん。そんなに毎日取り扱いがあるのなら、この規模も納得です。

畳の需要は昔より少なくなっているのでは?

畳の張り替え、どこに頼めばいいの? 日本の気候にぴったり、お肌にも優しい天然素材「あたらし畳」

 

「確かにそうです。そうはいっても、畳屋さんも昔より少なくなっているので、張り替えようとなって、どこに頼めばいいかわからない方も多いのです。また、旅館や賃貸住宅などもまだまだ畳の張り替えなども多いです。弊社は、畳のみでなく、リフォーム全般を手がけていますので、畳の張り替えのついでにリフォームをされる方も多いです。」

 

「畳は、洋間のフローリングに比べ吸音性、クッション性があり、転んでも怪我しにくい体に優しい素材です。温度も1度くらい低く感じるので、夏場はひんやりして気持ちいいです。い草の匂いには鎮静効果があり、森林浴をしているような気持ち良さもあるんですよ。」

なるほど、究極の自然素材というわけですね。

 

「畳は、有害なものを湿気と一緒に吸い込みますので空気の清浄効果もあります。昔は、大掃除をして畳も干して湿気を発散させていましたが、今はマンションが多く畳を干すことをしなくなった、また住宅の気密性が高くなっているので、畳床が湿気を吸ったら発散できず、傷みやすい環境であることが多いですね。集合住宅などでも、こまめに掃除して風を通していただけば、長く持ちますよ。」

 

職人さんが、長年培ってきた技術で作り上げられた畳は、日本の技術の結晶であり、素晴らしい機能性を持っているのですね。また、日本の風土にも合い、爽やかに過ごせるだけ出なく、リラクゼーション効果も高い優れた床材と言えるの出はないでしょうか?

 

最近ではカラー畳を市松模様に組んだり、フローリングの上に置く畳など、新しい感覚で、洋風のお部屋にもマッチするものもたくさん出てきています。同社ショールームにも、いろいろなサンプルが展示されており、見るだけでも楽しいですよ。生活に畳を取り入れて、インテリアとしてもおしゃれですね。

畳の張り替え、どこに頼めばいいの? 日本の気候にぴったり、お肌にも優しい天然素材「あたらし畳」

「あたらし畳」では、素材選びにもこだわり、イグサは国内最大の生産地、九州熊本の契約農家より直接仕入れしているとのこと。「日本全国のあたらし畳グループで、大量に一括仕入れするため、仕入れ価格も大幅に抑え、高品質のものを低価格でご提供できるのです。」と金田さん。工場内では、熟練の職人さんが一枚一枚丁寧に、素早く仕上げる姿が印象的でした。

 

近畿一円だけ出なく岡山、福井まで毎日4〜50台のトラックが走り回る「あたらし畳」。

そろそろ畳の張り替え時かな?と思った時や、自然で肌に優しいお部屋をお考えの時は「あたらし畳」にご相談を。

Pocket
LINEで送る