女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

コラム

2017年6月1日

紙媒体と活字の可能性に挑戦|ウーマンライフ新聞社 平成29年6月代表挨拶

Pocket
LINEで送る

読者と媒体社の双方向性を追求した「あさひらいふ京都」6月8日創刊

asahilife_logo

「うんこ漢字(かんじ)ドリル」が100万部以上の大ヒットと聞いて嬉しくなりました。3000以上の例文すべてに「うんこ」が使われ、小学生が競って書き取りをしているようです。たとえば小学5年生の例文では「うんこファンにはたまらない本が出(  ぱん)された」とあります。大人が読んでもプッと吹き出しそうなおもしろさがあるので、興味を持って漢字の勉強ができそうです。なんと言っても「うんこ」というたった3文字の力に驚かされるばかりです。

 

ビジネスの世界だけではなく教育の現場でも便利なタブレットの導入が進んでいますが、紙と活字には画面とは違う楽しさや強みがあることが実証されました。調べものなど検索機能の手軽さやスピードでは紙はインターネットには到底敵いませんが、手間がかかる分だけ頭の中に残るという強みがあるように思えます。

 

今月8日に京都府下で創刊する「あさひらいふ京都」は、朝日新聞販売店の皆様の協力を得ながら、読者と媒体社の双方向性を追求した紙面を目指しています。朝日新聞京都総局長のコラム、読者投稿による読者のための簡単料理レシピ、日常をお得に楽しめるクーポン、プレゼント企画満載の大人のエンタ、全国からのお取り寄せ通販など、文字の力と紙媒体の一覧性を活かして、幅広い情報と人気のコンテンツで16頁の紙面を構成しています。

 

紙に印刷される文字や写真が読者に届いた時の反応を想像して編集室が締切ぎりぎりまで知恵を絞りました。紙媒体ならではの楽しみ方や可能性に挑戦していく媒体です。ご愛読よろしくお願いいたします。

 

 

2017.06.01

Pocket
LINEで送る