女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

コラム

2017年6月7日

【贈答マナー】お中元・お歳暮をやめたい時は? もらうのを断りたい時は?

Pocket
LINEで送る

 

お中元やお歳暮、関係は薄れるのに物価は上がる、できればやめたいな、とお思いの方も多いかもしれません。

 

一旦始めてしまうとなかなかやめづらいもの。でも、疎遠になっているのなら、相手にも気を遣わせているだけかもしれません。それまでに感謝の気持ちを十分伝えたのなら、思い切ってやめてしまう方が失礼に当たらない場合もあります。

 

そこで、今回は、お中元・お歳暮をスムーズにやめる方法・断る方法をご紹介します。

 

お中元・お歳暮のやめ方

≪今回からやめたい場合≫

贈るのをやめるという挨拶状などは送らず、ただただ品物を贈るのをやめます。もし贈っていないのに先方から届いた場合には、お礼状を書きます。そこに、今後は贈答を辞退したい旨を書き添えましょう。

 

 

≪フェイドアウト式でやめたい場合≫

1. まず、お中元をやめて、お歳暮だけにする。

2. お歳暮の金額を少し下げる。

3. お歳暮もやめる。

 

 

≪完全にやめてしまうのはちょっと気が引ける場合≫

お中元やお歳暮としてではなく、「お年賀」や旅行の「お土産」など名目を代えて品物を贈るのもいいでしょう。

 

 

≪近しい間柄でお互い様だからやめたい場合≫

近しい関係なら、「長い付き合いだし、お互い様だから、お中元とかお歳暮とかやめて気楽に付き合いませんか?」などと、提案する形で伝えてみてはいかがでしょう。

 

お中元・お歳暮を断り方、断り状の書き方・文例

自分はやめたいけれど、贈ってもらうからやめられない。お中元・お歳暮をもらうような関係ではない。そんな時は、断り状を送るといいでしょう。断り状には、まず日ごろお世話になっていることのお礼を述べ、贈答を取りやめたいことを伝え、健康などを気遣う言葉を添えます。

 

断り状の文例です。

 

ご無沙汰しておりますが、皆様お変わりありませんか?

このたびは結構なお品をお贈りいただき、ありがとうございました。

お心遣いに深く感謝申し上げます。

私共の方こそお世話になっておりますのに、恐縮に存じます。

今後はこのようなお気遣いはなさいませんよう、お願い申し上げます。

お贈りいただきました○○は、家族でおいしくいただきたいと思います。

ありがとうございました。

今度ゆっくりとお会いできればと思っております。

時節柄、どうぞご自愛くださいませ。

 

「やめる」「断る」のは勇気がいるかもしれませんが、やめること、断ることも、時には必要です。失礼のないように気を付けつつ、真意を伝えてみましょう。

 

Pocket
LINEで送る