女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

2017年6月26日

「東京インテリア家具」関西二号店が、神戸・ポートアイランドにオープン!

Pocket
LINEで送る

6月23日(金)OPEN。「東京インテリア家具」、
大阪に続いて神戸にも進出!

 

「家具からホームファッションまで品揃えが豊富な『東京インテリア家具』がついに関西にも!」と大阪店オープンが話題になっていたのも記憶に新しいはず。「広大なフロアにいろいろあって見ているだけでも楽しい!」と早くも関西人の心をつかんだ同店ですが、6月23日(金)には、関西2号店となる神戸店がオープン! 神戸店ならではの魅力で、ますます関西圏に「東京インテリア家具」の名を浸透させる予感が…。期待が集まる神戸店を早速取材してきました!

ドイツの総合ブランド「JOOP!(ヨープ)」。
神戸店限定商品も注目!

兵庫県初進出となる「東京インテリア家具神戸店」が位置するのは、神戸の中心地・三宮と神戸大橋で結ばれた人工島・ポートアイランド。甲子園球場約2個分、およそ2.6万平米という広大な敷地に、約1.3万平米の店舗が広がります。オシャレな食器やカーテン、寝具、ソファにベッド、ダイニングテーブルなど、小物から大型家具まで、取り扱いはナント約2.5万点! 東京インテリアオリジナル商品の「if」シリーズをはじめ、輸入家具も充実。ドイツ発の世界的総合ブランド「JOOP!(ヨープ)」のライフスタイル部門「JOOP! LIVING」を取り扱うのは日本では東京インテリア家具だけであり、その中でもこの神戸店にしか置いていない商品もあるそう。「オシャレな暮らし」「快適な毎日」「楽しい生活」へとつながる品々に目移りします。

 

 

カフェや遊具を備えたキッズスペースも!
お子様連れでも楽しめる「暮らしのテーマパーク」

カフェではピアノの生演奏も! 
ワッフルは店内で焼いています。

オープンに先駆けて行われた報道向け内覧会で、利根川弘衛代表取締役社長が「いいものを少しでも安くお客様に提供し、笑顔が絶えない家庭を作る協力をしていきたい」と力説されていました。そんな「家族愛」や「思いやり」が品揃えや店づくりに生きていると、店舗を見ればわかります。

 

というのも、階移動がなく見やすい1フロア仕様。さらには、広くておしゃれな「MOAカフェ」も神戸店ならではの大きな特徴と言えるでしょう。ソファやカウンター、テーブル席などそれぞれの好みでくつろげるゆったりしたスペースで、軽食やスイーツがいただけます。自動演奏による優雅なピアノの音色が店内に流れ、ピアニストを招待した生演奏も定期的に開催。「オシャレな街・神戸のオシャレな方々にもご満足いただける空間(利根川社長談)」は、お買い物中にひと休みするのにピッタリです。

 

「KIDS LAND」は45分間/1人200円。

さらに、未就学児が遊べる「KIDS  LAND(キッズランド)」では、3歳までは保護者同伴ですが、4歳以上は付き添いなしで預けられるので、スタッフにお子様を任せてゆっくり商品を見ることもできます。授乳スペースや子供用トイレなどもあり、ママさんも安心。「買い物」はもちろん、「家族で夢の生活を思い描きに行く」なんて利用の仕方もいいのではないでしょうか。

 

快適な暮らしが「見てわかる」
リノベーションとインテリアの総合プロデュースも!

理想の生活空間を叶える「リノベッタ相談コーナー」

 

また、「この家具、実際の部屋に置いたらどんなサイズ感なんだろう?」というよくある不安も「3Dバーチャルコーディネート」で解決! 図面など部屋サイズがわかるものを持参すれば、部屋の3Dイメージを作成して、無料でシミュレーションしてもらえるのです。さらに、店内にはマンションの部屋が再現されており、よりリアルなイメージが可能。積水ハウスとの提携で、リノベーションとインテリアの総合プロデュースもしてもらえます。

 

「オシャレなカフェや少し高価格帯の限定商品、広々とした個室を備えた女性トイレなど、神戸店だけの魅力がいっぱいです。オシャレな街・神戸に似合うエリア一番店を目指して、この店を育てていきたいです」と神戸店・鈴木康修店長。「東京インテリア家具」未体験の方はもちろん、「大阪店」に行ったことがある方も、この「神戸店」ではまた新たな発見や楽しみと出会えるはずですよ。

 

Pocket
LINEで送る