女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

スイーツ

2017年6月28日

羽曳野のぶどう農家で 定番の「デラウエア」出荷はじまる

Pocket
LINEで送る

『葡萄園たちばなや』

羽曳野のぶどう農家で 定番の「デラウエア」出荷はじまる

 

袋がけされた「ぶどう」がたわわに実る羽曳野市駒ヶ谷のぶどう農家で、強い甘さと酸味が楽しめるお馴染みの「デラウエア」の出荷がはじまりました。

羽曳野のぶどう農家で 定番の「デラウエア」出荷はじまる

羽曳野市には130軒ものぶどう農家があるそうで、中でも『葡萄園たちばなや』は、減農薬でのぶどう作りを大切にし、大阪エコ農産物の認証を受けています。

 

『葡萄園たちばなや』の園主 橘屋訓旨さんは、ぶどうが樹上で熟すのを待って収穫するようにしているとおっしゃっていました。また、ぶどうの果実は気温の高い午後に収穫すると水分が少なく、日持ちも悪くなるので、早朝に収穫を行うそうです。「今年は雨が少なく心配したけど、例年通りの甘さで収穫できています」と橘屋さん。

ぶどうの種類は、デラウエア、ピオーネ、バッファロー、シャインマスカット、ゴルビー、藤稔の6種類。デラウェア(6月~7月)が種無しぶどうとして最も親しまれているそうですが、最近は、種無しで皮ごと食べられる『シャインマスカット』(8月~)も人気があるようです。

 

現在の出荷は主に市場用やインターネット向けですが、7月10日ごろから直売所でも販売が始まるそうです。天塩にかけて育てられた甘~いぶどうを早く食べたいですね。また7月9日には、大阪狭山市の『ブーランジェリー フクシマ』とコラボして、ぶどうを使ったパンの販売を予定しています。

 

(取材・記事:ウーマンライフ河内版編集長・酒井知子)

羽曳野のぶどう農家で 定番の「デラウエア」出荷はじまる
Pocket
LINEで送る