女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

トピックス

2017年6月27日

強い心と優しい気持ちを持つ大人に|生駒少年ラグビークラブ

Pocket
LINEで送る

日曜午前中に桜ヶ丘小学校、生駒東小学校で練習する「生駒少年ラグビークラブ」の練習にお伺いしました。

生駒少年ラグビークラブとは

強い心と優しい気持ちを持つ大人に|生駒少年ラグビークラブ

 

近鉄ラグビー部OBを中心に発足し40年の歴史がある「生駒少年ラグビークラブ」。スクールとしなかったのは、教えられるのではなく「みんなで楽しむ」をモットーとするためだといいます。

 

現在は約125名が幼年、小学生学年別、中学ジュニア、女子タグ、ママタグと各チームに別れ、それぞれにコーチがついて練習しています。コートを走り回ってボールを追いかける姿、タッグを組む姿はきらきら輝いています。クラブ出身者の多くが高校、大学、社会人チームで活躍していて、高校JAPANのキャプテン、U20日本代表で活躍される卒団生もおられるとか。

クラブに対する思い

強い心と優しい気持ちを持つ大人に|生駒少年ラグビークラブ
会長の三宅秀和さん(左)と、副会長の米山博文さん(右)

学生時代は同志社ラグビーチームに所属していたという4代目会長三宅秀和(みやけひでかず)さんは「チームのメンバーは強い心と優しい気持ちを持つ大人になってもらいたい」と優しそうな笑顔でおっしゃられます。「ふれあいをテーマにラグビーを通し子供たちの心と体を育みたい」と副会長の米山博文(よねやまひろふみ)さんは文武両道も大切にしています。

キャプテンの仙崎成美くん

キャプテンの仙崎成美くん

仙崎成美(せんざきなるみ)くんは

「小四の頃に通いはじめました。みんな仲良しで、練習はしんどい時もあるけど楽しい時の方が多いです」

とはにかむ笑顔も爽やかでした。

メンバー募集中です!

強い心と優しい気持ちを持つ大人に|生駒少年ラグビークラブ

親御さんの負担は少なく、送迎だけというご家庭も多く、お茶当番等もないので参加してもらいやすいですとのこと。現在メンバー募集です。

Pocket
LINEで送る