女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

特集「ダンディズム-dandyism-」

2017年8月15日

特集「ダンディズム4」④ライアン・レイノルズとベン・キングズレー
セルフレス/覚醒した記憶(2016年 サスペンス映画)

Pocket
LINEで送る

監督 ターセム・シン

出演 ライアン・レイノルズ/ベン・キングズレー/マシュー・グード

シネマ365日 No.2208

ありのまま、受け入れる

★12-15_ダンディズム4-

ダンディがなぜ二人か。ライアン・レイノルズとベン・キングズレーが同一人物だからです。異なる肉体に自分の記憶を移送するお話。ニューヨークの建築王ダミアン(ベン・キングズレー)はガンで余命半年。「フェニックス」という医療機関を主宰する科学者オルブライト(マシュー・グード)は、最先端のクローン技術により作り出した肉体に「頭脳を転送する装置を作り出した、偉大な知性が肉体の消滅によって消え去るのは人類の悲劇だ、肉体という器にあなたの頭脳を転送できれば悲劇は防げる」。ダミアンは莫大な料金を払い実行し、若い肉体で青春を謳歌する。ところがクローンだったはずの肉体が、元特殊部隊兵、家族のいるマーク(ライアン・レイノルズ)という青年だったことがわかる。つまり、頭脳の転送とは誰か肉体の提供者の上に成り立つ。オルブライトの研究は理屈では立派ですが、臓器(記憶)移植のヤミ取引ということになります▼事実を知ったダミアンはオルブライトに狙われる。でも特殊兵の訓練を受けた肉体は簡単にやられない。ダミアンはなんで自分が異次元の戦闘能力を持っているのかわからなかったが、マークの記憶を遡り、家族がいる場所を突き止め会いに行く。オルブライトのくれた「副作用を抑える」薬とは、毎日飲むと、まだいくらかダミアンの頭脳に残っているマークの記憶は徐々に薄れ、完全に「アタマはダミアン、体はマーク」として完成する。飲むのをやめればマークの記憶が力を回復し、ダミアンは消滅、永久に元のダミアンはマークの肉体から消えさり、存在は抹消される。これが物語の基本です。仕事ばかりで家族にかまけなかったダミアンが、死を前に、残してきた一人娘の幸福を願う。マークの妻マデリンは死んだと思った夫が生き返ったのが信じられないが、彼の中身はダミアンである▼ダミアンはフェニックスが、顧客の要請に応えるため、若い女性の肉体を必要としており、マデリンも彼女の娘アンナも殺されることを知っている。40年来の親友マーティンに事実を打ち明け、母娘を国外に逃がす手筈を整える。マーティンの自家用機の準備を待っていたときだ。アンナが家の中に少年がいると告げた。ダミアンは血相を変える。「マーティンの息子は2年前に死んだ。それは替え玉だ」。マーティン自身も新しい息子はクローンで作られたものと信じていた。「誰かの家族の子供を使ったのだぞ」とダミアンがフェニックスのインチキをバラす。割り切れないのはマデリンだ。「あなたのパパに見えるけど、実は違う人だと娘に話せと?」「君たちを安全な場所に連れていく。友人の飛行機で国外に行き、そこでやり直せ。ジュネーブの秘密口座に充分な預金がある。すべて終われば俺は消える。俺のことは好きに話せ」。黒幕はオルブライトの師、ジェンセン博士だった。彼は弟子のオルブライトの体に移り、超セレブ相手に頭脳の転送による、闇の不老不死医療を行っていたのだ▼アンナはニセ父親ダミアンになつき、ダミアンは過去にマークが約束していたという水泳を教えてやり、一緒に過ごしているうちに、自分が顧みなかった娘のことを思う。マデリンに「娘が一人。NPOで人助けをしている」と打ち明ける。「自慢の娘ね」という言葉に嬉しそうに頬をゆるめるのだ。ダミアンは娘のオフィスを訪れる。父親らしいことは何もしなかった。しかもダミアンは頭脳転送のため、死んだことになっている。偽マークのダミアンは娘の事務所に行き、自分はダミアンの友人だ、預かっていた手紙があると言って、娘に渡してきた。何が書いてあるか映画は教えない。窓の外から見上げたダミアンには、涙を拭う娘が見えただけだ。フェニックスの組織を壊滅させたマークはパソコンに入ってきたメッセージを読む。ダミアンからだ。薬を飲むのをやめ、永遠に自分の記憶の消えることを選ぶ、ダミアンとしての人格の消滅を選び、君は100%マークとして生きていくがいいと告げる。ライアン・レイノルズはスカーレット・ヨハンソンと結婚し、離婚後ブレイク・ライブラリーと再婚した「最もセクシーな男」(ピープル誌)である、ハリウッドのもてまくり男。でも本作ではベン・キングズレーのキャラのほうがカッコよかったですね。人生とは愛に満ちながら虚しく、美しくありながら残酷で、不完全という醍醐味で終わるものだ、そうダニエルは死を受け入れたのです。本作も男優陣圧勝です(笑)。

 

Pocket
LINEで送る