女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

特集「B級映画に愛をこめて」

2017年9月27日

特集「B級映画に愛を込めて7」⑨
ロスト・エモーション(2017年 SF映画)

Pocket
LINEで送る

監督 ドレイク・ドレマス

出演 ニコラス・ホルト/クリスティン・スチュワート

シネマ365日 No.2251

感情が動き…だしませんでした 

★27-30_B級映画に愛をこめて7-3

どう書こうかと、いくら考えてもつまらんものはつまらんな。製作総指揮がリドリー・スコットだろうと、映画中の建築物が安藤忠雄の設計だろうと、主演がニコラス・ホルトだろうとクリスティン・スチュワートだろうと、悪いけど寝落ちだったわよ(笑)。制作費が1600万ドル、興収が3万3000ドル? 売り上げだけが全てじゃないというかもしれないけど、お客さまって正直なのよ。自己評価より人さまの評価を受け入れましょう。地上の99%が破壊された近未来、人類は平和的に生き残るため、遺伝子操作により感情を持たない人間の共同体「イコールズ」を作った。人々は厳重な監視下に置かれ、感情を持ってしまった「欠陥者」は、安楽死の運命にあった。感情が芽生え始めた青年サイラス(ニコラス・ホルト)は、職場の同僚ニア(クリスティン・スチュワート)も同じ「欠陥者」であることを知る。ふたりは惹かれ合い、外の世界に脱出することを決意するが…以上ジャケ写による。よくできたレジュメね。全て言い終えたようなものです▼感情を排除するのは恋だの、愛だの、惚れた、腫れた、ひいてはあらゆるトラブルの元凶という、面倒臭いことをさせないため? そうみたいね。だったら効率と機能一点張りで、この建物の全員がよく働いているかといえば、そうでもないのです。時間から時間、きちんと勤務するけど、残業なし、飲み会なし、部屋は全員個室。白い壁に白い床、食事はトレーに入ってホイホイと差し出し口から出てくる。シャワー室も白、ベッドも白、窓の外はぼやけた風景(東京ロケらしい)。刑務所と変わらないのね。無機質な建物は幾何学的で直線構造、壁も廊下も白、住民は全て白い制服、勤務室は広くて清潔で、コンピューサー制御により、チョイと指を動かすだけでスイスイ画面が変わる。聞きたいものだけど、こういう環境って人間に活力を与える? 現に飛び降りる男やビニール袋をかぶって窒息死を選ぶ女や、毎日のように誰かしら死んでいる。そのくせ講義室では何億キロ先の星の移住先とか、遠大な計画を進めている▼バカね。その前に、全員狂って自殺してしまうわよ。狂わないように感情を抜いてプログラムしてあるのだって? 感情が働かなくさせただけで、脳を空っぽにしたわけじゃないですからね、記憶もあれば魂もあるわ。考えることと感じることは心身一如じゃない。いくら遺伝子操作だって、そもそも成り立たない基盤で映画を作っているこのバカらしさ。マット・デイモンに火星でジャガイモを栽培させるような素朴な発想をするリドリー・スコットが、ちょっとおかしいよ、と言ってやらなかったのだろうか。それに、この建物の住人はみな人工授精で生まれた? だったら、しつこいようだけど、「プロメテウス」で種の起源まで遡ろうとしたリドリー・スコットが、遺伝子組み換えに至る起源も由来もガン無視なのね。完全制御社会の機構で、サイラスとニアが感情を失わず、愛し合ってニアは妊娠して、サイラスと二人で、白い建物から外の世界に出ようとする。感情を持った人間は安楽死させられていたのだけど、特効薬が開発され、首に何か打つだけで元に戻る、つまり100%感情のない人間に戻る、で、サイラスは首にプシュッと注入されるのね。薬が効くのは5時間後。その後はニアのこともセックスしたことも、何もかも経験と記憶は消滅、脳機能完全停止の状態で生きていくことになる▼列車に乗って「半島」に行くのが彼らの脱出です。無事列車に乗った。サイラスは夢遊病者のように朦朧としているけど、ニアの手を握る。じゃ人間らしい感情はかすかに残っているのか。そうみたいだけど、半島たるところがどんな場所かさっぱりわからない。案外簡単に脱出できて、追っ手が一人も来ないところを見ると「放っておけ、すぐ死ぬ」みたいな、地獄の一丁目への道行なのよ。例えば外側だけよく似た設定でミヒャエル・ハネケの「タイム・オブ・ザ・ウルフ」がある。難民たちはとにかく現状を脱出したい、小さな駅舎で寿司詰めになり、神経がおかしくなるのも現れながら、線路の向こうから、列車がやって来るのをひたすら待つ。やがてスクリーンに、ゴトトン、ガタタンと枕木の上を通過する列車の音と移りゆく風景だけが流れる。これがハネケの、一言のセリフもなく描いた「希望」だ。描写は平坦かもしれない。でもそこに圧縮させた感情の保有量は膨れ上がってくる。唯一の救いは、クリスティンが綺麗には映っているけどそれだけ。キャッチコピーは「感情が動き出す」…動き出しませんでした。おやすみ。

 

 

Pocket
LINEで送る