女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

プレゼント

2017年10月9日

清須市はるひ美術館 「企画展 収蔵記念 日常を綴る―宮脇綾子展 鑑賞券」プレゼント

Pocket
LINEで送る

3組6名様に(500円相当)

清須市はるひ美術館 「企画展 収蔵記念 日常を綴る―宮脇綾子展 鑑賞券」プレゼント
宮脇綾子《れんこん》

ものづくりブームの今、手仕事アートの作品展が開催

 

手仕事やものづくりがブームの今、素朴なアプリケのアートを楽しめるのが、清須市はるひ美術館で10月11日(水)~12月10日(日)開催の「企画展 収蔵記念 日常を綴る―宮脇綾子展」。

清須市はるひ美術館 「企画展 収蔵記念 日常を綴る―宮脇綾子展 鑑賞券」プレゼント
宮脇綾子《いちぢく》

「つくること」を通じ「日常」を表現

 

宮脇綾子さんは3人の子どもを育てる主婦であり、戦後は好きな縫い物と身近にあった布の端切れを生かしたアプリケ作品で注目を集めました。その温かな作品は、戦争や貧困を経験したからこそ生まれたものであり、ものを大切にする心や日々のささやかな喜びと生への感謝、驚きや好奇心といった人間の根元的な感情に満ちあふれています。

 

この企画展ではアプリケ作品のほか、創作に使われた端切れや大切にしていた油単、作品のインスピレーション源となった記録帖なども展示し、宮脇綾子という作家の「日常」に対する視線を浮かび上がらせます。また針と糸を使い作品をつくりあげるアーティスト、モンデンエミコさんを取り上げた「モンデンエミコの刺繍日記」も同時開催。刺繍という方法により「日常」そのものを創作活動とする術を得た彼女の作品が並びます。

 

「つくること」を通じてとらえた「日常」をテーマとする、ふたつの温かな展覧会を楽しめる鑑賞券を、3組6名様にプレゼントします。

★プレゼント応募方法★

▼プレゼント名/清須市はるひ美術館 「企画展 収蔵記念 日常を綴る―宮脇綾子展 鑑賞券」

▼プレゼントID/W1116350

▼締切/平成29年10月23日

▼当選数/5組10名様

★応募手順★

1.応募するボタンをクリックして、応募フォームへ進んで下さい。

2.必要事項を記入し、『確認』ボタンを押して下さい。

3.間違いがなければ『送信』ボタンを押して受付完了。

※頂いた情報は抽選及び発送のみに使用致します。

※抽選の上、当選はプレゼントの発送をもって代えさせて頂きます。

Pocket
LINEで送る