女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

特集「偏愛力」

2017年11月12日

特集「偏愛力3」③
エクソシストビギニング(2004年 ホラー映画)

Pocket
LINEで送る

監督 レニー・ハーリン

出演 ステラン・ステラスガルト/ジェームズ・ダーシー/イザベラ・スコルプコ

シネマ365日 No.2297

エクソシストは不滅 

10-14_偏愛力3-1

ホラー映画の傑作「エクソシスト」に本作はどれだけ迫れるか。まあ、頑張ったほうじゃないかしらね? 「エクソシスト」で、マックス・フォン・シドー扮したメリン神父の若き日を、ステラン・スカルスガルトが演じます。第二次世界大戦後、メリンは神父を辞めました。戦争中、処刑するユダヤ人を選ばなければならない、非情な命令をナチから受け、それを実行したことがトラウマとなって自分を許せませんでした。彼は考古学者となり、金で雇われケニアに来ました。トルカナ地方のデラティという村です。埋もれた教会の発掘をやるが、奇妙な事件が相次ぎ、誰も中に入らない。やがてその地で支配者側のイギリスと地元民との間で紛争が起こる。サラ(イザベラ・スコルプコ)は村で働く女医だ。どこか訳ありの女医で、彼女の周辺で悪いことばかり起こる▼メリンは若いフランシス神父(ジェームズ・ダーシー)の協力を得て発掘する。地上に屋根だけ出ていた教会の発掘が進み、メリンとフランシスは屋根から中に入った。そこにルシファー(悪魔)の絵を見つける。しかしキリスト教が伝わる前に、なぜ教会がアフリカの僻村に建ったのかがわからない。教会の中に入るとキリストが逆さ磔になっている。神への冒涜だとするフランシスに「ここにはもう人が入っている」とメリンは判断する。フランシスは「多分、学者のべシオンさんだろう」。彼は心を病んでナイロビの病院にいた。尋ねると上半身裸の胸にナチスの鉤十字を刻み「きょうは、神はいないぞ」と言って首をかき切って自殺した。「きょうは、神はいないぞ」というのは、ナチスの将校がメリンに犠牲者を選ばせるときにいった言葉です。メリンはべシオンが悪魔に憑依されていると感じます。メリンはフランシスに「ローマ儀礼書」を渡し、悪魔祓い(エクソシスト)の準備をしておくように言います。予感は的中。黒人の召使いの息子ジョセフと兄のジェームズがハイエナに襲われ兄が食い殺された。ジョセフは無傷でした。ジョセフは体調を狂わし痙攣します。族長の妻がお産すると子供は死産で赤ん坊には大量のウジが湧いていた▼調査を進めたメリンは教会の場所は1500年前の大量殺戮の現場だったことを突き止めます。殺戮の事実を隠すため教会が建てられ、記録を抹消したのでした。そして現地人を寄せ付けないよう、疫病の噂を流した。しかし抹消したはずの記録が発見され、今回の調査となった。白人に反発する原住民と白人兵士たちが対立する。悪魔が跳梁しようとしている。フランシスはジョセフを悪魔祓いしましたが効果なし。悪魔は女医サラに乗り移っていたのです。サラとメリンの対決。メリンは「ローマ儀式書」の一節を唱えサラから悪魔を追い払いましたが、サラは命を落としました。メリンとジョセフが教会から出ると、そこは原住民とイギリス兵士たちの全滅した死体が。メリンは再び神父として悪魔と戦う決意を固めます。ローマ軍に蹂躙された死屍累々の光景が最初に現れます。次がナチスですから、ハリウッドの二大悪役の定番です。でも悪魔祓いとは、悪魔に憑依された人間から悪魔を追い出す儀式ですが、悪魔がそのへんをウロウロしているのではなく、人間の心の内部の悪の要素が、外部の悪の要素と共鳴して悪魔を生むと考える方が正しいのでは。であるならば、エクソシストはいつの時代も、人間ある限り不滅ですね。

 

Pocket
LINEで送る