女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

おいしいランチ

2018年1月26日

「飴屋と瓦版屋の大阪くいだおれ道中記」その①〝池田の猪買い~能勢街道~″

能勢電鉄 妙見口駅前「かめたに」の
能勢電鉄 妙見口駅前「かめたに」の"ししなべ味噌煮込みうどん"

昨年「ウーマンライフ大阪まんなか版」で連載した「なにわの歳時記ものがたり」。なにわの伝統野菜にまつわる大阪の暮らしを、創業明治5年の飴の豊下こと豊下製菓株式会社代表の豊下正良さんに綴っていただきました。それ以外にも、掲載しきれなかった大阪にまつわる面白い話がいっぱいありました。なにわ今昔の話は尽きません。それなら今年は、二人で食べ歩きをしましょう!ということで始まりましたのが「飴屋と瓦版屋の大阪くいだおれ道中記」先ずは上方落語の「池田の猪買い」でおなじみの能勢街道からまいります。さて、さてどんな道中記になりますか。どうぞお楽しみに。

平成30年正月某日、晴。

「出入橋きんつば屋」の
「出入橋きんつば屋」の"金鍔"

今日は食べ仲間の力久さんと飴屋の「猪買い珍道中」の日、目的地は池田も通り越して能勢方面です。30km弱あるのでうまくショートカットをしながら目指しましょう。

 

待ち合わせ場所は一年間お世話になった「高麗橋 桜花」さん。まだ朝も早いので亭主の森田さんや女将さんには会えませんが、ほんまに美味しいもんを作りはる若手の料理人です。「またよばれに来まひょな」とふたりで約束して、さあ、とりあえず堂島方面に出発。

 

最初の目的地は『花の下影』(江戸時代のグルメガイド本)にも載っている江戸時代から続く「出入橋きんつば屋」です。「大川の砂州地帯だったこの辺りは今は栃木名産となった夕顔(干瓢)や海老江冬瓜(加毛瓜)、京野菜やと思われがちやけど賀茂瓜と違うんですよ、十六まくわなどなにわ野菜の産地やったんですよ」なんて話をしてたらあっという間に堂島です。

 

第一目的地到着。先は長いので「金鍔」はお土産にするとして、特製ぜんざいでエネチャージ。小豆の加減が絶妙です。お餅も好きな力久さん「あべかわ」も食べたそうにしてはりましたけど、「そないに食べたら動けのうなりまっせ」とうながして先に向かいます。

足の神さん 服部天神宮に初詣

豊中市岡町 桜塚商店街「土手嘉岡町本店」の
豊中市岡町 桜塚商店街「土手嘉岡町本店」の"他人丼セット"

ほな、能勢街道、池田街道とも言いますが、起点の中津まで。まず網敷天神社御旅社にお参り、いったん梅田に戻って輪行、落語の道案内でも登場した服部天神社へ。車中で菅原道真が太宰府へ流されたルートなどのお話しをしながらわいわいとむかいます。

 

阪急電車の服部天神駅に降り立つと、ちょうどこの日は初えびすの残り福。足の神さんでもある天神さんで初詣を果たしたので更に次を目指します。目指すは江戸時代から続く由緒正しい大衆食堂の「土手嘉岡町本店」です。昼にはちょっと遅くなりましたが、さて何をいただきましょう?ここはうどんだけやのうて丼もんはもちろん、ハヤシライスやらオムライスまでメニューが豊富。二人で選んだのは、他人丼と中華そばのセット。ここの中華そばも人気なんです。背伸びしない普通やけど美味しいお昼を頂戴して満足したので先に進みましょう。

お茶に納豆に丁稚羊羹!

山口納豆の
山口納豆の"わら納豆"

さあ、池田に着きました。五月山がきれいに見えます。昔ならここ池田で猪肉を買えたんでしょうが今時は無理なので、ここでは幾多の家元や小林逸翁も御用達の梅田茶屋町から移転して来た三丘園へ。飴屋はここのお抹茶を愛用しています。いつもの玉昔やら雁ヶ音の友白髪を買うて・・・力久さん「おばあちゃんの好きやった奉天がある!」て、嬉々として買うてはりました。

 

池田からは余野にワープ、大阪産(もん)五つ星大賞も受賞した納豆の名店「山口食品」の納豆、甘納豆とちゃいますよ、色々と種類もあって美味しいんです。昔ながらの藁で包んであるのやら、青海苔入りや黒豆の納豆やら、またぎょうさん買うて「毎日食べるから大丈夫」て、ほんまにかなんなぁ。

 

ここまできたら「暮部菓子店」の丁稚羊羹も買いたいところ、ちょっと寄り道します。能勢は寒天の産地でもあったので武生の水羊羹と似たのんです。こっちは大阪産(もん)名品です。帰郷先から大坂の奉公元へ戻る折の、丁稚でも買える手土産品、手頃なお値段でしかも美味しいんですわ、大納言小豆も使てるし。

いよいよ”猪買い”!

「スーパーだいやす」で猪肉ゲット!
「スーパーだいやす」で猪肉ゲット!

そして本日最大の目的である猪買いです。スーパー内にある肉屋「だいやす」で新鮮猪肉を購入。この冬の猪肉です。また!「コロッケとミンチカツもお土産に」て、大丈夫かいな持てるんかいなと心配しつつ、・・・・ほんま、しょうまへんな。

 

帰路、能勢電の妙見口駅前の「かめたに本店」でししなべ煮込みうどんをいやしんぼ、冷えた身体があったまります。川尻まで行ったら「レストランふるさと」の白味噌仕立ての ししうどん もあるねんけども、そないに入らへんさかい今回は諦めましょう。

 

家に帰ったらさっそく猪鍋もせぇなあかんし。そや、雑煮味噌も残ってるこっちゃさかい、白味噌仕立ての猪鍋にしょぉ。

 

(次回は2月23日(金)掲載予定(毎月最終金曜12:00))

「飴屋と瓦版屋の大阪くいだおれ道中記」その1 〝池田の猪買い~能勢街道~″ 「飴屋と瓦版屋の大阪くいだおれ道中記」その1 〝池田の猪買い~能勢街道~″ 「飴屋と瓦版屋の大阪くいだおれ道中記」その1 〝池田の猪買い~能勢街道~″ 「飴屋と瓦版屋の大阪くいだおれ道中記」その1 〝池田の猪買い~能勢街道~″ 「飴屋と瓦版屋の大阪くいだおれ道中記」その1 〝池田の猪買い~能勢街道~″