女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

教育

2018年2月12日

治癒率96% !? 名医がそろう「おもちゃ病院」~壊れたおもちゃをなおそう!~

奈良・健やか交流塾おもちゃ病院

おもちゃ病院

 

大和郡山城ホールの明るいロビーの片隅に、こわれたおもちゃに取り組む不思議な人々が…?

この会場で月1度開かれるボランティアの「おもちゃ病院」なんです。

 

切れた配線をつないで通電された「患者さん」が急に歌いだしたり、踊りだしたりと「治療」の効果は抜群!「○○さーん、治りましたよ」ドクターが告げ患者のおもちゃたちは家族の手の元へ…。ご家族はホッした表情です。治療は粛々と真剣に進められていきました。

 

このおもちゃ病院は今から8年前、ものづくりの好きな有志数名が「子どもたちのために」と始めたボランティアですが、いまや130名あまりのおもちゃドクターが登録する大きなムーブメントになりました。ドクターはそれぞれの得意な技術を活かして、壊れたおもちゃの「治療」にあたっています。昨年の治癒率はなんと96%!

 

複雑な配線を有するものからぬいぐるみまで、材料費は実費ですが「診察」は無料。代表生島(おじま)幸弥さんは「みんな手弁当で駆けつけています。どうやって助けるか考えているときが、一番楽しいですね」とにこにこ。赤ちゃん用のメリーを直してもらったママ、浦島恵里さんは「家では何回やっても駄目だったのにびっくり。姉のおさがりですがまたこの子に使えます」と娘の里紗ちゃん(1歳)と喜んでいました。

 

おもちゃ病院は奈良県下16か所で定期的に開催中。詳しくは下記ホームページでご確認ください。