女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

イベントガイド

2018年3月17日

「住宅型有料老人ホーム ピアニシモ守口」4/12~14、内覧会開催

4月16日(月)
住宅型有料老人ホーム「ピアニシモ守口」オープン!

高齢になると、生活や健康面に不安を抱えながら暮らしている方も多いかもしれません。同じ「1日」なら、もっと楽しく、もっと安心して、もっと自分らしく過ごせるほうが幸せだと思いませんか? 

 

そんな理想の毎日を叶えていると評判なのが、住宅型有料老人ホーム「フォルテ枚方」です。同ホームを訪れた方々は「皆さんの笑顔が素晴らしい」と口を揃えるほど。そんな好評のサービスを引き継ぎ、416日(月)、守口市に「ピアニシモ守口」が誕生します。

 

その場所のすぐ目の前は、4月に開校するよつば小学校。同校も守口市も児童と高齢者の交流に前向きで、今後共同での様々な取り組みが期待されています。まさに地元にとっても重要な意味を持つ有料老人ホームとして注目されているのです。

みんなで集えて、万が一にも即対応
施設の構造にも、入居者への思いやりが!

 「“ピアニシモ”には『ゆったり悠々と、ほんわか温かい場所に』との思いが込められているんですよ。『フォルテ枚方』で培った経験や評価していただいたことを、ここで進化させたいですね」とピアニシモ守口の塩野施設長。

 

ここでは、“ご入居者が主役”として輝けるよう、構造やサービス、体制にこだわりがあります。

 

「玄関を入ってすぐに、ご入居者様が集える空間を設けています。重度介護の方もここに出てきてみんなで一緒に作業したり、談笑したり、施設の明るく楽しい雰囲気の核となる場所にしたいですね。スタッフはそれを家族のように見守る。あれこれ押し付けるのでもただ寄り添うのでもなく、必要な時に必要なサポートを提供する。私たちはご入居者様が主役となって日々の生活を送っていただけるようなお手伝いがしたいんです。

土地を広く取って2階建てにしたのも、緊急コールにすぐ駆けつけられるためです。縦に長く作るとエレベーターの到着を待ったりとロスタイムができますが、2階なら上下移動もスムーズですからね」

介護士24時間常駐&看護師も日中常駐
生活も健康も安心の見守り体制

施設内でのできたてをいただけます。

介護スタッフが24時間常駐、看護師も日中常駐で、万が一の時は医師が24時間対応。それゆえ、インシュリン・胃ろう(PEG)・透析・在宅酸素・バルーン・ストーマ・ペースメーカー・褥瘡・認知症(暴力行為等集団生活に支障をきたす場合は×)・難病(病名による)など、医療サポートが必要な方の受け入れも可能です。

 

「本当は住み慣れた自分の家を離れたくないはずです。その寂しさや心の痛みを理解し、我慢の代わりに今までできなかった生活を補い、人生の質を高められるようサポートしたい」と施設長。 

 

食事も、毎日の楽しみにしていただけるようグレードを高め、施設内で調理したできたてを提供。イベントもスタッフと一緒に手づくりした、アットホームなものを計画されています。まさに、「ご入居者が主役」の施設なのです。

ピアニシモ守口 施設内覧会
4月12日(木)・13日(金)・14日(土) 9時~17時

 そんな話題のホームを体感できる内覧会が412日(木)・13日(金)・14日(土)の3日間、開催されます。内覧会では施設内見学はもちろん、相談も可能。ご来場者にはプレゼントもあるそうですよ(数に限りがございます)。当日参加もOKですが、事前予約がおすすめです。

 

全44室、全室個室。月額112,000円(家賃・管理費・食費・水光熱費含む)。オープニング記念キャンペーンとして、先着10名様に限り敷金0円になるチャンスも! 内覧会申し込みや詳細のお問合せは下記までお気軽にどうぞ。