女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

トピックス

2018年6月6日

【手紙の書き方番外編】父の日のカードに添えるメッセージ 使える例文・一言集

父の日、メッセージカードに添える一言は?

6月の第三日曜日は父の日です。今年は6月17日!忘れていませんか?

 

プレゼント選びにも頭を悩ませますが、品物に添えるメッセージカードにも困る、という方も多いのではないですか?「お父さんありがとう」だけではなんだかさみしい。だからと言って、「何かもう一言」として何を書いていいのかわからない方も少なくないはずです。

 

そこで、大人気シリーズ「手紙の書き方」の番外編として、父の日のメッセージカードに添える、シチュエーション別の使える一言メッセージ文例をご紹介!ぜひカードに添えてみてくださいね。

働き盛りのお父さんに!

 

日々の労働をねぎらう言葉や、仕事以外の楽しみを作るきっかけを作る言葉を添えるといいでしょう。

例文です。

 

・いつもお仕事、ご苦労様です。体には気をつけてね。

・たまにはゆっくり休んでね。いつかまた一緒に釣りに行きましょう。

 

例文では「釣り」としましたが、お父さんの趣味嗜好に合わせて、一緒にできそうな何かを提案してみましょう。子どもと一緒に何かができる、というのは嬉しいものです。

 

離れて暮らすお父さんに!

 

体を気遣ったり、離れているからこそ気づけた思い、顔を合わせては恥ずかしくて言えない感謝の気持ちをしっかり伝えましょう。

では、例文です。

 

・体、無理していませんか?夏休みには子供たちを連れて帰ります。

・社会人になって、お父さんのすごさや大変さがわかるようになりました。感謝しています。

 

 

親子ならではの親しさをにじませるのもGOOD!

 

「父の日だから」と改まらず、親子ならではの距離感を大事にしたメッセージもいいですね。

では、例文です。

 

・今度一緒に飲みに行きましょう!オレ、おごります(笑)。

・心配かけてばかりでゴメン。まだまだ甘えたいから、元気で長生きしてね。

 

 

これらはあくまで一例です。

「お父さんに伝えたい気持ち」を自分の言葉で表すのが一番!「お父さん、ありがとう」だけでなく、ぜひ一言添えてみてくださいね。父の日に向けて、プレゼントと一緒に素直な言葉のご準備もお忘れなく!