女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss
  • ブックマーク

じぶん磨き

2015年11月11日

赤字のどん底から復活する究極の方法。 このドキュメンタリーから学べ!

Pocket
LINEで送る

テレビでも取り上げられた、
名古屋の赤字ホテル「アソシア」のドキュメンタリー

日本一幸せな従業員をつくる!
~ホテルアソシア名古屋ターミナルの挑戦~

11月27日(金)やまと郡山城ホールで上映会&対談

名古屋駅前の老舗ホテル「ホテルアソシア名古屋ターミナル」は、4期連続の赤字にあえいでいた。
新たな総支配人に選ばれたのは、労働組合の役員を務めた柴田秋雄。

彼の再建策は、リストラでも成果主義導入でもなかった…。

 

実際のホテル、本人出演でカメラが追ったドキュメンタリー「日本一幸せな従業員をつくる!~ホテルアソシア名古屋ターミナルの挑戦~ 」。

 

全国の自主上映で大反響を巻き起こし、11月27日(金)やまと郡山城ホールにも登場します!

 

 

 

作り物にはないドキドキ…そしてスッキリ
ドキュメンタリーが好き!

TVのこうしたドキュメンタリー番組、大好きですっ(キッパリ)!
作ったドラマにはない生々しい現実、ドキドキする展開があって、見事成功すると「あ~よかった~」。
観た後のすっきり感…だけでなく、正直、「他人事」だからかもしれません。

切羽詰った状況は、当事者には生死を分ける現実。

 

でも観ているこちらには「ドラマ」。

 

意地悪な言い方をすれば、「この人たちの状況まで、自分は悲惨じゃない」と安心する。
そんな気持ちもあるのかもしれませんね。

 

 

この映画が教えてくれる「私たちが知っておくべきこと」

でもこの映画は少し違います。
この映画が示す企業復活の答えとは「従業員自身が幸せになること」。

 

これ、ただの理想主義に見えますよね。
でも克明に描かれるのは、「従業員を大切にすること」が具体的にどう影響するのか、その変化がどんな形に表れるのか…。
そのドミノのような影響を見せてくれます。
舞台がホテルという、直接お客様の顔が見える業種ということもあるでしょう。
他の会社や業種で、同じように成功するとは限りません。
でもそれを越えて、私たちが「知っておくべきこと」がこの映画には詰まっています。
企業だけでなく、学校で、友人関係で、家庭で、人が人と付き合うために。

基本的で、簡単で、でも忘れがちなことを教えてくれるのです。

11月27日(金)18時~やまと郡山城ホールで上映会、さらに岩崎監督と主人公の柴田さんの対談が開催されます。

映画の裏話はもちろんですが、柴田さんご本人のトークですからビジネスとしてもたくさん得るものがあるはず。
観たいな、聞きたいな、と思った方は、まずお申込を…。

 

 

◎文部科学省選定(平成26年2月19日、少年・青年・成人向き)
ドキュメンタリー映画
日本一幸せな従業員をつくる!
~ホテルアソシア名古屋ターミナルの挑戦~

2014年 DV(ワイド)92分バージョン
出演:柴田秋雄 ホテルアソシア名古屋ターミナルのみなさんほか
監督/岩崎靖子 撮影・編集/小野敬広 撮影/入江富美子
制作/E・Eプロジェクト
配給/NPO法人ハートオブミラクル
協力/アソシア志友館

 

 

●奈良県中小企業家同好会2015年11月県例会議 兼
第14期同友会大学‘共育’講座 公開講座

日本一幸せな従業員をつくる!
~ホテルアソシア名古屋ターミナルの挑戦~
上映会&対談

日時/2015年11月27日(金)18:00~20:45
場所/やまと郡山城ホール(大ホール)
料金/1,000円(学生500円)
主催/奈良県中小企業家同友会
後援/大和郡山市お問い合わせ・お申込/奈良同友会事務局 FAX0742-25-5666

 

 

 

Pocket
LINEで送る